ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メキシコについてあまり知られていない面白いこと14選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「メキシコに関する12の意外な事実」に引き続き、今回はメキシコに関する面白い14個の事実を紹介します。

1. サボテンはどこにでも生えるわけではない

サボテンはそんな簡単にメキシコのどこにでも生えるものではありません。例えばメキシコシティなどの都会では、本当に見つかりにくいです。もちろん都会の北部、もしくは砂漠に行けばすぐ見つかります。タコスが好きな人は、食べられるサボテン(ノパーリという)になら簡単に出会えます。これはとてもおいしいです。

2. 屋台の食べ物は最高

メキシコの外食事情はアジアに似ていると思います。一番おいしいタコスは上品なレストランではなく屋台で買えます。

3. メキシコ人は服に関するマナーを守る

メキシコでは服に関するマナーはすごく厳しいので、バスを運転する人もスーツを着ていることが多いです。メキシコは全体的に服装を気にする傾向があるので、メキシコの会社と取り引きがあるなら、絶対にスーツで行ってください。

4. 電話番号が難しい

例えば、私のメキシコの電話番号は55-59-89-51-56だとします。違うケータイからならこの番号で電話もメッセージも届きます。しかしメキシコの固定電話を使うときは、(0-44)をその電話番号の前に押さなくてはいけません。外国のケータイを使うなら、メッセージの場合は(+52)、電話の場合は(+52-1)を電話番号の前に押さなくてはいけません。

5. 女性用タンポンはまだ広く知られていない

メキシコで女性用のタンポンが利用されはじめたのは最近の話です。たくさんの女性は全然聞いたことがなく、使うのを怖がって、タンポンの利用はあまり衛生的ではないと思っています。町のスーパーでタンポンが売られていますが、アメリカと比べたら、その性能レベルは低いと思うかもしれません。ある日、友人と出かけたときにタンポンを知らない警察官に止められ、確認のために30分程度調べられたほど、知られていません。

6. トイレットペーパーをトイレに流してはいけない

メキシコではトイレットペーパーは流さないで、ごみ箱に捨てます。メキシコに住む人は旅行へ行ったとき、トイレットペーパーを流す習慣がないので困るのだとか。例外があれば教えてほしいのですが、私が泊まった全てのメキシコのホステルはトイレットペーパーを流すのが禁止されていました。

7. 警察官は運転者を調べるふりをする

メキシコでは飲酒運転は珍しくありません。なので警察に車を止められて「お酒を飲みましたか?」と聞かれても、驚くことではありません。ただ「いいえ」と答えるだけで調査は終了します。

8. コロナはそんなに人気でおいしいビールではない

メキシコでは、コロナはまずいビールだと思われています。誰も飲んでいないわけではありませんが、メキシコの人気ナンバーワンビールでもないです。オーストラリアではフォスタービールを飲む人が少ないことや、ホーランド人はハイネケンはあまり好きじゃないことと同じです。ちなみにメキシコでコロナを注文しても、ビンにライムは飾ってありません。

9. トウモロコシを意味する言葉が多い

北極で雪を意味する言葉が多いのと同じように、メキシコでは「トウモロコシ」を意味する言葉がたくさんあります。普通はmaizと呼ばれいていますが、他にelotes、 panizo、millo、nixtamalなども使われています。英語に訳すと全て「corn」になります。

10. 2008年からトレオン市では運転中に化粧や髭剃りをする人に罰金

やっぱり運転事故が多かったようですね。

11.メキシコの子供たちはクリスマスに両親からプレゼントをもらわない

心配しないでください。子供は必ずプレゼントをもらいます。2回もらうことだってあります。ただ、プレゼントをもらうのはクリスマスではなく、1月6日の「東方の三博士の日」の大きな祭のときです。

12. カラフルな鳥を買える

メキシコでは(旅行者にとって)とても珍しいペットを買えます。私はコガモを飼っていましたが、普通にマンションで鳥を飼う人も少なくないのです。さらに大きな市場では、色彩に染められた鳥を見かけます(もちろんこれは、鳥にとっていいことではありませんが…)。

13. メキシコは世界で2番目に太っている国

メキシコ人は大きい人が多いです。70%以上のメキシコ人が太っていると言われています。肥満症率は世界で2番目に高い国です。確かにタコスはおいしいですが…。

14. メキシコシティは毎年、約20センチ沈んでいる

大きな池の上に街があるので仕方ないことかもしれません。でも焦らないでください。街中はまだ安全ですよ。

Licensed material used with permission by Anna Everywhere (Facebook, Twitter, Instagram)
訳:Barbara Casu

メキシコの旅行記はこちら

*Motoko Birkenheier「メキシコ・極楽オールインクルーシブ・コズメル島編 / Cozumel, Mexico」
*Hazuki Ikeda「Mexicoのカラフルなリゾート島コスメルでシュノーケル!」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP