ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本場に行っても困らない!イギリス・アフタヌーンティーのマナー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: finedining indian via flickr cc

TRiPORTライターのkamito努です。
アフタヌーンティーはイギリス発祥の喫茶習慣のひとつ。今では日本でも人気になっています。本場のアフタヌーンティーを楽しもうと、イギリスへ行く人もいるほどです。しかし、そのアフタヌーンティーのマナーがあまり知られていないのも事実。

今回は、本場に行っても困らないアフタヌーンティーでのマナーをご紹介します。

食べる順番が決まっている!

アフタヌーンティーには、紅茶などのドリンク、サンドイッチ、スコーン、ケーキやクッキー、チョコレートなど様々なものをいただくことができます。たくさん出てくるティーフーズを、どれから食べればいいのか迷ってしまいますが、実は食べる順番が決まっています。

まずは、紅茶から。ティーフーズは下から順に、サンドイッチ、スコーン、スイーツと3段に並べられているのが一般的で、下から順番に食べるのが英国風と言われています。ただ、日本では全く逆の順に並べられていることもあります。

イギリスで発祥した当初は、王族たちが楽しむものだったので、マナーが厳しかったようですが、今では多くの人に親しまれています。そのため現在は、それほどマナーに縛られる必要はありません。しかし本場のイギリスでアフタヌーンティーを楽しむ場合には、最低限のマナーを知っておきましょう。

サンドイッチはキュウリが定番

Photo credit: Chieri Sawada 「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland♡♥グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」

アフタヌーンティーのサンドイッチには、昔からキュウリが使われていたようです。今は様々な具材を使用したサンドイッチが提供されますが、昔は農作業をする人を雇い、採れたての新鮮な野菜を食べることが貴族としてのステータスだったのだとか。その代表的な野菜がキュウリでした。

スコーンにも歴史が!

Photo credit: Yuri Goto「ロンドン女一人旅」

アフタヌーンティーの定番といえば、スコーン。小麦粉を練って焼くだけで作れるので簡単でおいしく、貴族をはじめ様々な人に親しまれてきました。

本場のスコーンで欠かせないのが、クロテッドクリーム。これはイギリス特産のクリームで、生クリームとバターを混ぜたような味わいがあります。スコーンがパサパサして苦手だという人もいますが、このクロテッドクリームをたっぷりつけて食べると絶品スイーツに変身! しつこさがあるかと思いきや、とても口どけの良いクリームなので、胃もたれせずにたっぷり食べられるのが嬉しいポイントです。

今や世界中のいろんなホテルやカフェでアフタヌーンティーを楽しむことができます。しかし本場イギリスのアフタヌーンティーは格別。アフタヌーンティーを求めてイギリスへ旅へ出てみてはいかがでしょうか。

ライター:kamito努
Photo by: Chieri Sawada 「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland♡♥グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」

イギリスの旅行記はこちら

*Yuri Goto「ロンドン女一人旅」

*Chieri Sawada 「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland♡♥グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP