ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これだけは要注意!注目される幼児への英語教育のNGパターン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

数ある英語教材の選択方法とは

変化を問われ続ける日本の英語教育。コミュニケーション英語が重要視される今、大学入試に始まり、果ては幼児英語教育にも大きな期待が寄せられるようになりました。そこで必要なものは、親子が自宅で楽しめる英語教材です。その種類も市販の教材から教育番組、またはYoutubeなどの動画を利用するなど、選択肢は幅広くなりました。しかし、専門家たちにより作り出された多くの魅力ある英語教材の中から、どこに注意を払い選択していけばいいのでしょうか。

まず、コミュニケーションとしての日本語と英語の大きな違いに気付いてください。日本語は高低アクセントの言語、英語は強弱アクセントの言語と言われます。英語発音時の口の開け方、口輪筋や舌の力の使い方は、日本語発音時のそれらとは激しく異なります。伝わる英語の土台を築きあげるには、言語差や発音は決して無視できないところであり、そのような観点から音声無し教材は避けたいところです。もちろん、家庭内で英語を楽しんでいるなど、英語環境が整っていればそれは非常に効果的なことです。

英語はその音、出し方が日本語とは全く異なる

また、英語の強弱リズムを体感させるには、まず音感を育てることです。なので、アルファベットなど書く練習だけからのアプローチは賛成できません。まずは、音感を育てることを意識しましょう。たくさんの英語の歌やチャンツ(英語の日常的な場面での話し言葉をリズムに乗せて表現したもの)を聴かせること、一緒に口ずさむことは大変好ましことです。会話としてアウトプットされるには大変長い道のりではありますが、重要な段階です。

さらに、日本語と英語の違いを簡単に埋めようという思いから、最近、その数は減ったもののカタカナ表記のある教材が存在します。それは決して使用してはいけません。なぜなら、英語は先に述べた通り、その音、出し方が日本語とは全く異なります。つまり、カタカナでは表現不可能であり、カタカナ英語では決して伝わる英語には育ちません。CDやDVDなど耳から楽しむ教材は、大変重要な選択ポイントです。

周りの大人たちとの関わり合いも重要

内容に日本語の説明が多く、周りの大人たちに「指導するぞ」という思いを育てるような教材も避けましょう。例えば高価な教材は、深く研究されて大変魅力的に映るかもしれません。ただし、そこから生まれる期待感全てが子供たちにのしかかってしまう恐れがあります。すると、子供たちにとっては両親と一緒の心地よい英語時間ではなくなってしまいます。詰め込みは危険で、好ましいアウトプットにつながる良質の英語インプットが望まれます。

幼児期に英語を与えるに当たってもう一つ大切なことは、親子、または周りの大人たちとのインタラクション、相互作用の関わりです。親子の関わりで生まれる感情に触れながら、小さな達成感を継続的に感じていければ理想です。コミュニケーションは相手あっての活動です。私が推奨する「おうち英語」のように、正しい英語の音声を「おうち」でたっぷり楽しみながら、子どもの英語脳を育ててみてください。

(ゴーン 恵美/英会話講師)

関連記事リンク(外部サイト)

中学入試に「英語」導入加速、受験に備える学習方法
子どもが「いじめ」の加害者に。どう向き合うか
超グローバル校に入学するメリット

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP