ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょっとした行動に表れる「カップルの愛」(イラスト16枚)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

30_soppy3-1175812

英ブリストル在住のイラストレーターPhilippa Riceさん。彼女のポップでかわいいイラスト「SOPPY」のモチーフは、彼女と実際の彼との生活を描いたものだそう。
カップルの何気ない日常。“ゆる〜い”雰囲気ばかりの絵だけど、どこか「わかる〜」って言いたくなるような内容なんです。

どこか「わかる〜!」
カップル“あるある”

soppy-bread

たとえば、こんな感じ。
「…」
「……」
「………パクッ」
「あっ、やっぱね。やると思ったんだー」なんて声が聞こえてきそうな、ありがちのシチュエーションを、赤と黒2職のサインペンで描いていきます。
ところで、タイトルSOPPYは、英語で「メロメロ」を表す意。言葉の通り、イラストのなかの二人はゆる〜いながらも、メロメロないい関係ですよね?

01.
シアワセのかたち

30_soppy3 (1)

ゴロン、ゴロン、ゴロン、からの〜ギュッ!

02.
こんなベタなのも
じつは、うれしかったり。

30_zombied

「ひゃっ…」
「もしも、ボクがゾンビだったら撃てるかい?」
「やだ。その時はアタシのこと噛みついてよね」

03.
しあわせな寝落ち
パターン:1
彼女が先に寝ている編

30_nap

「おっ?」
「zzz…」
「ZZZ…」

04.
うっ…見破られてた?

30_s-games

「ねー今からゲームするけど、一緒に来ない?」
「いま仕事中〜」
「じゃあ、終わるまで待ってるから声かけてよ」
「いいけど、何?見ててもらうだけで楽しいワケ?わかった怖いんでしょ?」

05.
だいたい、このパターン

30_soppy2

最初はべつべつ。でも、だんだんこうなって、最後はこう。

06.
キミのことを想ってだからね

bicuits

「お茶入れるけど飲む?」
「ありがと。ついでにビスケットもちょうだい」
「ダメー!」
「何でよ〜、聞こえないの?急いでー」
「ハイ、お〜茶」
「え〜ビスケットは台所?」
「そうだよ。ボクが入れてあげるのはお茶だけ」

07.
ほ〜お、そお来ますか。

duvetball

「ね、ここで雑誌読んでもいい?」
「もちろん!」
(なるほど…ね)

08.
お互いに好きな向きがある

sideofthebed

「あれっ、ね〜今日はアタシがそっちの番なんだけど」
「違うよ、ボクだってば!ボク!」
「…おやすみ〜」

09.
くだらないことほど
言いたくなっちゃうんだ。

soppy-cinema

「…アナタそっくり」

10.
だったら…、
やる意味ないんだけどね

soppy-pizza

「ご飯ビザ食べたいな〜でも、作んなきゃな〜。ねえ、どっちにしたらいいと思う?」
「コインでも投げたら」
「表が出たら作る、裏が出たらピザ!」
「ま…今日はピザな気分ってことで」

11.
しあわせな寝落ち
パターン:2
彼が先に寝ちゃう編

soppy-sleeping

「…」
「もう寝た?」
「…起きてるよ〜」
「zzz…」

12.
ゴメン、心配させちゃった

soppy-tea

「んんぁああ〜〜〜っ……」
「なに、どうしたの?」
「…や、何でもないんだ。お茶を飲み忘れていただけだよ」

13.
すっごい自分勝手じゃない!?

soppy-tshirt

「ね、聞いてもいい?このTシャツさ、どう見てもダサいし似合ってないと思うんだ」
「そうかなー」
「そうよゼッタイ。ね、だからアタシのパジャマに貸して?」

14.
なんだか、可愛くてたまらない

vegetarian

「あのさ、もっとキミを温めてあげなきゃいけないんだ。いつか歳をとったら…。もしかしたらベジタリアンになるかもしれないし…」
(ぎゅっ!)

15.
新しいの出すことないじゃん!

soppywashingup

(シャカシャカ)
(…シャカシャカシャカ。パクっ)
(…シャカシャカ…)
(これもお願い、ね!)

16.
結局、いつも一緒。

teeth
こちらは、Riceさんによる制作風景。描き方のお手本になるかも。

Licensed material used with permission by Philippa  Rice

関連記事リンク(外部サイト)

心と脳はこんな関係です。両者の葛藤をシュールに描いたマンガ
英語の意味をまちがえると、こんなに恥ずかしい(イラスト8枚)
ストレス発散!大人のために作られた「塗り絵ノート」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。