体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夜型人間に共通する10の特徴

000052738018_Full

「早起きは三文の徳」など、早寝早起きをする人は働き者でデキる人で、夜更かしをする人は不摂生で仕事もデキない人、というイメージはいまだに根強いものがありますが、それはまだ電気がなく、太陽の光だけが頼りだった時代のお話。オバマ大統領だって夜型人間であることを公言しています。現代のデキる夜型人間の共通点とは?

1.夜型人間は集中力が持続するマラソンランナー

睡眠女性

朝型人間の集中力は午前中に高く、スタートダッシュに優れていますが、午後の3時か4時には集中力がスタミナ切れを起こしてしまいます。

一方夜型人間は夜9時頃に集中力がピークに達し、それが朝方まで続くので、集中して長時間の仕事ができるのです。

2.夜型人間はクリエイティブな芸術家や起業家向き

モーツァルトをはじめとして優れた芸術家には夜型人間が少なくありません。

夜は静かで電話や来客など邪魔されることが少なく、集中して作業ができるのも大きいでしょう。

また、ミラノのサクロ・クオーレ・カトリック大学は夜型の人間は問題に直面したときに、独創的な解決方法を編み出す傾向にあるという研究結果を発表しています。

3.夜型人間はその性質から時差ボケに強い

睡眠男性

いくら夜型人間が夜の方が仕事が捗ると言ったところで、私たちの多くは9時から始まる昼間に主な仕事をする社会の中で生きています。

ですから夜型人間は日常生活を送りながら常に時差ボケ(社会的時差ボケ)状態にあるわけで、普段からそれに順応しているので、海外出張時など、朝型人間が時差ボケに苦しんでいる時に力を発揮できます。

4.夜型人間はチャンスを掴みやすい

人との出会いのチャンスと言えば、アフター5の飲み会や食事会ですが、朝型人間はこの時間にはもう電池切れです。

その点夜型人間はこの時間からが本領発揮ですので、積極的に人と関わることができます。
当然そこから新たなチャンスに巡り会うことも多いというわけです。

5.夜型人間は攻めの姿勢で積極的にリスクをとる

睡眠女性

夜型人間は朝型人間よりもリスクを取ることをいとわないと言われています。

右へならえではなく、他人と違うことにもあえてチャレンジしようという傾向があるので、会社の経営者や、周囲を引っ張っていくプロジェクトリーダーに向いているのです。

6.夜型人間は寒い冬の朝が大の苦手

寒い冬の朝にぬくぬくの布団から出るのは勇気がいりますが、夜型人間はこれが人一倍苦手。

夜型人間は血圧が低めな人が多い上に、起床時の体温が朝方人間よりも低いという実験結果も出ています。
その上体温を上げる燃料になる朝食を食べる習慣がない人も多いので、お昼ごろまでは体温が低いまま低空飛行状態が続きます。

7.夜型人間はお金持ちの成功者になれる?

デスク男性

オバマ大統領をはじめとして、数々の成功者には夜型人間が多く、スペインのマドリード大学の調べによると夜型人間の方が所得も高いそうです。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。