体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[蛯原英里さん×安めぐみさん対談第1回] つらかったつわり、その時うれしかった夫の気遣い

f:id:akasuguope02:20151209110540j:plain

蛯原英里さんは2014年8月に、安めぐみさんは2015年3月に、それぞれ女の子を出産。普段から仲のいいママ友でもあるお二人に、つわりの大変さや、ご主人の気遣いで嬉しかったこと、妊娠時代にやってよかったことについてお話いただきました。

それぞれのつわり。つらかった時、夫が見せてくれた気遣いとは

蛯原さん:つわりはあった?

安さん:あった、あった。

蛯原さん:私は初期だけだったの。妊娠がわかってから2ヶ月間ぐらい。そんなにひどくなくて吐くことはなかったけど、いろんなニオイがダメになって気持ち悪くてずっと『かむかむれもん』をかんでた。一年分ぐらいは食べたかも(笑)。

安さん:酸っぱいのがほしくなるよね。ダメだったのはニオイだけ?

蛯原さん:うん、ニオイだけだった。食べ物でハマったのはトマト。買い置きがないときは、主人が寝たあとこっそりケチャップを舐めたりしてたよ。

f:id:akasuguedi:20151209173316j:plain

安さん:えー、ホントに! 今思うとすごいことだよね。

蛯原さん:一番つらかったのは電車のニオイ。特に満員電車がダメで、アロマを吹き付けたマスクを必ずしてた。

安さん:私は吐きづわりが大変だったなぁ。妊娠がわかったころからすごく気持ち悪くなって、テレビで見るような見本のようなつわりがはじまって。まずニンニク、次は出汁(だし)っていう感じで、ダメなものがどんどん増えていったの。飲み物も、最初はジンジャエールみたいな炭酸でごまかしていたんだけど、飲めるものが少なくなって、麦茶やルイボスティーまでダメになっちゃって。最終的に飲めたのは水だけだったよ。

蛯原さん:うわー、それは大変。体重も減ったでしょう?

安さん:5キロ減った。とにかく食べると吐いちゃうし、食べなくてもずっと船酔いしているみたいで。でもなぜか不思議と、東さん(ご主人でお笑いタレントの東貴博さん)がたまに家にいるとき作ってくれた料理は食べられたんだよね。

蛯原さん:愛情のおかげだね!

安さん:東さんがいないときは、とにかく何か食べなきゃと思って、お湯でゆでただけの湯豆腐をそのまま食べたりしていた。5ヶ月過ぎた頃から、だいぶ食べられるようになったんだけど、ニンニクは最後までダメだったな。

蛯原さん:ずっと仕事は続けていたよね。

安さん:そうそう。妊娠を公表したのが安定期に入った頃だから、それまでにどんどん痩せていく私を心配してくれた仕事関係者には、「夏バテです」って嘘をついてた(笑)。仕事以外はずっとベッドで横になって、スマホでつわりの体験記とか読みながら「この辛さは赤ちゃんが元気な証拠なんだ」「いつか必ず終わるんだ」って自分を励ましたりして。あと、いくら吐いても東さんが「順調な証拠じゃん」って、ポジティブに受けとめてくれたのもありがたかったかも。

蛯原さん:私も、主人が放っておいてくれたのがよかった。深刻に心配されると、こっちも気を使っちゃうもんね。

安さん:そのかわり、私が唯一大丈夫だったポン酢を何種類か買ってきて、さりげなく冷蔵庫に入れておいてくれたのは嬉しかったな。食べられそうなものを探してきてくれたりね。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。