ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Opera Mini 13」がリリース、Android 6.0をサポート、トップページのデザインを一部刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Opera Software が Android 用「Opera Mini」を v13 にアップデートしました。v13 の目玉は、「クラシックレイアウト」のスタート画面のアドレスバーデザインが刷新されたことで「ウェブ」や「画像」などのカテゴリタブが追加されたほか、カラーリングも刷新されました。また、WEB からファイルなどをダウンロードする際にダウンロード時のファイル名や保存フォルダを選択することが可能になったほか、重複ダウンロードの場合のオプション機能も追加され、複数のファイルをダウンロードした際の通知をまとめて表示するようになりました。このほか、Android 6.0 Marshmallow のサポートやアップロード画面の刷新、Android 4.4 以上で高データセーバーモードの場合でもパスワードマネージャーを利用することが可能になりました。「Opera Mini」(Google Play)

■関連記事
Moto E(2nd Gen)もAndroid 6.0にアップデートされる予定
米国のGoogleストアでBOSE製ヘッドセット 4製品が発売
Pushbullet、デバイス間のファイル転送をより簡単にする新機能「Remote Files」を提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。