ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不思議の国の冒険を終えたアリス、次は“きのこの国”へ!? KYOTARO展「きのこの国のアリス」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

neol201512092

KYOTARO展「きのこの国のアリス」が、12月11日(金)から台東区のパラボリカ・ビスで開催される。

本展は、写真評論家でありキノコ文学研究家である飯沢耕太郎によるテキストと、スーパーアーティストKYOTAROの挿絵による絵本『きのこの国のアリス』出版を記念した原画展。

『きのこの国のアリス』は、「不思議の国」や「鏡の中」のワクワクする冒険を経て、すっかり退屈してしまった今のアリスのその後を描いた物語。

そのため会場には、「はじまりとおわりが同時にある部屋」をコンセプトに、『きのこの国のアリス』の原画とともに、The Baby Shower Story(ベイビー・シャワー・ストーリー)の原画と、I saw a lots of fairies(妖精の行く道)の原画も展示され、アリスの世界と複数の物語が混合され整理された空間全体が演出される。
また、12月13日(日)には、沢耕太郎のトークショウ「アリスと芋虫ときのこ」が、19日(土)、20日(日)には、紅日毬子の朗読劇も開催される。予約は会場となるパラボリカ・ビス(03-5835-1180)まで。

neol2015120922

KYOTARO展「きのこの国のアリス」
■2015年12月11日[金]~2016年1月11日[月](12/29〜1/3は休館)
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■入場料:500円(開催中の展覧会共通)
■展覧会 会場:parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
■東京都台東区柳橋2-18-11 ■TEL: 03-5835-1180 
http://www.yaso-peyotl.com/archives/2015/10/kyotaro_kinoko.html

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。