体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョン・レノン生誕75周年記念コンサートをNYで開催、ポール、リンゴからもコメント到着

ジョン・レノン生誕75周年記念コンサートをNYで開催、ポール、リンゴからもコメント到着

12月8日が命日となるジョン・レノン。2016年はジョン・レノン生誕75周年となる。そんなアニバーサリー・イヤーを祝い、75歳の誕生日を祝うスペシャルコンサートが12月5日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン・シアターで開催された。

イベントは「IMAGINE: John Lennon 75th Birthday Concert」と題され、ジョンの音楽とメッセージに強く影響を受けたアーティストが結集した。一夜限りの舞台に集まったのは、ジョン・フォガティ(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)、スティーブン・タイラー(エアロスミス)、ブランドン・フラワーズ(キラーズ)、SPOON、ウィリー・ネルソン、シェリル・クロウ、The Rootsら新旧そしてジャンルも飛び越えた豪華な顔ぶれ。ポール・マッカートニーとリンゴ・スターからの心温まるビデオメッセージも届けられ、会場全体が祝祭感に包まれる一夜となった。

開演前の会場の各座席には「WAR IS OVER(IF YOU WANT IT)」のポストカードが置かれ、40年以上前に発せられたジョンのメッセージが今までになく必要とされている時代にいることを気づかされる。

会場スクリーンに流れていたジョンとヨーコのビデオクリップが終わり、会場が暗闇に包まれた。ライトを浴びて現れたのは、アコースティックギターを抱えたジョン・フォガティ。1曲目は「Give Peace a Chance」。クリスマスライトのように小さなライトが散りばめられたステージにジョンとヨーコの「ベッドイン」のポートレートが浮かび上がる。舞台はシンプルで、今夜の主役が歌とそれを奏でる人々であることを教えてくれる。

満場の歓声を浴び歌いきったフォガティは、短く「今度は僕の一番好きな曲を歌うよ」と話すと「In My Life」を大切そうに歌った。ジョン・レノンの持つ外に向かうエネルギーと自分の内面を深く見つめる透徹した眼という二つの顔をフォガティは最初の2曲で見事に提示してみせた。そしてこの2曲で今夜、ソロ時代とビートルズ時代の曲が分け隔てなく披露されることも示唆され、観客は次に誰がどの曲をやるのか、あらゆる可能性に胸を高鳴らせることとなった。

「ジョン、誕生日おめでとう」という挨拶とともに、パフォーマンスをつなぐホスト役として登場したのは、俳優のケビン・ベーコン。この日はもちろんジョンの誕生日よりむしろ命日に近いのだが、会場全体が75歳の誕生日を祝おうというテーマに貫かれており、しめっぽさはまったくない。ベーコンもカジュアルなジャケットにジーンズ姿で、ジョンの誕生日パーティにあらわれたような親密さを演出していた。

ジョンのトレードマークともなった「NEW YORK CITY」のTシャツに黒のリッケンバッカーで決めたのはシェリル・クロウ。高らかに冒頭のコードを響かせると「A Hard Day’s Night」でこの日初めてのガツンとしたロックナンバーを響かせ、間奏前でもしっかりとシャウトを決めて、会場をわかせた。

どのアーティストもその技量と音楽性は折り紙付きだが、原曲を尊重し最小限のアレンジに抑え、さながら楽しんでコピーをしていた少年少女時代に戻ったかのような活き活きとした表情を見せていた。またそれは、ジョンとビートルズの楽曲が足すことも引くこともできない完成度で、時代を経ても屹立していることを裏付けてもいるだろう。

後半戦をスタートしたのは昨年リリースしたアルバムが絶賛され最も波に乗っているロックバンドの一つSPOON。チョイスしたのはこのバンドらしいヘビーなギターが炸裂する「Hey Bulldog」と「Cold Turkey」の2曲。絞り出すようなボーカルスタイルはジョンを彷彿とさせた。

「一つ一つの曲にジョンとの思い出が詰まっている」と興奮を抑えきれない表情で語りながらステージにあらわれたオノ・ヨーコは、クラシック音楽で育った自分に「ロックンロールは永遠だよ!」とジョンが語ったエピソードを披露し、満場の賛成を得た。

続いて“アメリカ音楽の生ける伝説”と紹介され、ウィリー・ネルソンがゆっくりとステージに姿をあらわした。しっとりと歌い上げた「Imagine」は観客の心を揺さぶり、スタンディングオベーションで見送られながらステージを後にした。

一気に会場を沸点まで持ち上げたのは、スティーブン・タイラーの「Come Together」。おなじみのマイクパフォーマンスを披露し「ニューヨーク!」と客席に呼びかけ、一緒に熱唱。「レボリューションを起こしたいか!」とさらに客席をあおると「Revolution」をたたみかけた。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会