体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イ・ホンギ(from FTISLAND)、初ソロアルバム「AM302」に込めた想いを語る

エンタメ
イ・ホンギ(from FTISLAND)、初ソロアルバム「AM302」に込めた想いを語る

イ・ホンギ(from FTISLAND)の初ソロアルバム「AM302」が12月9日に発売された。

FTISLANDとして日本メジャーデビュー5年目、初のソロデビューとなるホンギのアルバム「AM302」は、FTISLANDのボーカリストとしてではなく、アーティスト イ・ホンギだけの世界を堪能できる1枚となっている。そんなホンギがアルバムに込めた想いを語った。

――2016年、日本では「5…..GO」をリリースし、メジャーデビュー5周年のアニバーサリーに突入。韓国でもアルバム「I WILL」をリリース。FTISLANDとしての活動が忙しかった中、なぜホンギさんのソロプロジェクトをすることに?

最初は事務所の提案だったんだけど、やるからには気合をいれて、“HONG’S TOWER”っていうレーベルとプロデュースチーム、そしてスタジオも新たに作りました。でもね、本当に大変だったんだよ!FTISLANDの活動の合間に、毎日徹夜で制作したんです。スケジュールがとにかくキツかった!

――日韓でリリースされたソロアルバムですが、韓国では「FM302」、日本では「AM302」と、どちらもラジオがコンセプトになっているタイトルですよね。

僕ね、FTISLANDの音楽が、僕らが何気なく聴いてるラジオの音楽みたいに、世界中の人の耳に自然に届くといいなと思って、腕にラジオのタトゥーを入れたんですよ。それに、ラジオからはいつもいろんな人の物語と、いろんな音楽が流れてくるじゃないですか。僕のソロ・アルバムにも、いろんなジャンルの音楽が入っているし、ラジオみたいにいつでもどこでも聴けるものにしたいと思って、アルバムのコンセプトを“ラジオ”にしたんです。2ヶ国で出すから、FMとAMをタイトルに。数字の302は、僕の誕生日が3月2日だから。特に深い意味はありません。

――リード曲「モノローグ」は、とても切ない曲ですが、どんなこだわりが? 

この曲、FTISLANDでやろうと思ってた曲で、最初はもっとバンドっぽいサウンドだったんです。FTのメンバーがスタジオに遊びに来た時にも、「この曲いいね!」って言ってくれました。プライベートで日本に来て、日本でアレンジしたんです。こだわったのは、アナログっぽいシンセサウンド。あ、別れをテーマにした曲だけど、実体験じゃありませんから(笑)。

――ソロ活動に対するプレッシャーはありましたか?

プレッシャーというより、責任感の方が大きかったかな。FTISLANDのフロントマンとして、外に出てひとりでやるわけでしょ?俺的には、「へ~、イ・ホンギってFTISLANDのメンバーなんだ。なかなかいいじゃん!FTISLANDのライブも行ってみようかな」って言ってもらえるまでやらないと、って思ってる。音楽的にはソロとして、FTISLANDとは違う音楽を作ったつもり。どう?全然違うでしょ?

――FTISLANDのメンバーたちの反応はいかがでしたか。

気に入ってくれた一方で、「FTでは、こういう曲はできないね」って。それくらいふり幅がある曲ができたって点でも、ソロをやって良かったと思う。今回いろんな曲を書いて、新しいサウンドにも挑戦したけど、次のFTISLA NDのアルバムに、このソロ・アルバムでの経験が活かせると思います。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会