体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

12/14付ビルボードジャパンチャートおよび11/30~12/6 RADIO ON AIR DATA発表

12/14付ビルボードジャパンチャートおよび11/30~12/6 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による12月14日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2015年11月30日〜12月6日)および2015年11月30日〜12月6日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

関ジャニ∞「侍唄」、セールスで大差、ビルボード総合首位、“浦ちゃん”初登場3位

錦戸亮主演、テレ朝系深夜ドラマ『サムライせんせい』主題歌、関ジャニ∞[エイト] 「侍唄(さむらいソング)」がシングル・セールスで大差をつけ、総合Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。PCの読取回数を示すルックアップでも2位、Twitterで20位と、確実に取るべきところを押さえ、ラジオ1位、ダウンロード2位、ルックアップ1位、Twitter1位と、引き続きロングヒット中のback number「クリスマスソング」から総合首位を奪った。

フジ系特番『FNS歌謡祭』にてライブ披露、デジタル解禁された、浦島太郎(桐谷健太)「海の声」。すでにauの人気CM『三太郎』シリーズにて注目されていた当楽曲が注目を集め、ダウンロード1位、ストリーミング8位、Twitter2位と、特にダウンロードで大きくポイントを積み上げ、総合3位に初登場した。

注目の女性ボーカル対決となったSuperfly「黒い雫」と安室奈美恵「Red Carpet」。シングル・セールスとラジオではほぼ互角だったが、ダウンロードとTwitter、YouTubeでポイント差を細かく積み上げ、今週はSuperflyが総合4位で勝利することとなった。ただし、ルックアップでは安室5位、Superfly13位と、常にルックアップで強い安室奈美恵が既にポイントを重ねていて、次週以降の展開はまだまだ読めない状況だ。また西野カナ「No.1」「トリセツ」は3週連続で2曲ともトップ10にチャート・インしており、デジタル領域で変わらずの強さを発揮している。

fripSide、接戦でA応Pを下しビルボードアニメチャートを制覇

fripSideとA応Pによる接戦の首位争いが展開された今週のビルボードアニメチャート。最終的にはfripSide「Two souls-toward the truth-」(『終わりのセラフ 名古屋決戦編』OP曲)がA応Pを破る結果となった。

fripSide「Two souls-toward the truth-」は、CDセールス4位、デジタルセールス2位、ルックアップ3位、Twitter 6位と4つの指標でバランス良くポイントを積み上げるという理想的な戦い方で、デジタル先行のA応Pや、パッケージ先行のTRIGGER「SECRET NIGHT」(今週3位)、IDOLiSH7「MONSTER GENERATiON」(今週5位)らを退けた。一方、A応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」(『おそ松さん』OP曲)は、相変わらずダウンロードとYoutubeでアニメチャート1位と好調。また、デジタルでの話題性がCDセールスに跳ね返っている様子も確認できるものの、そのスケールが伸ばしきれなかった。

その他、今週は話題作が少なかった影響か、2015年10月以前にリリースされた作品も多く再浮上。秦 基博「ひまわりの約束」が先週12位から4位へジャンプアップしたほか、UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」が2週ぶりに11位にチャートインを果たしている。いずれもこの調子で2016年もアニメチャートを賑わせる曲となりそうだ。

ジャスティン・ビーバー 来日効果で再び洋楽チャート1位に返り咲き! 映画公開とともにチャートを上昇した2曲は?

先週、1年ぶりの来日を果たしたジャスティン・ビーバーの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」がアデルを下し、今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“HotOverseas”で9週目の1位となった。

先週は惜しくも2位にランクダウンしてしまったが、来日効果で予想通り1位に再び返り咲いたジャスティン・ビーバー。わずか2日間という短い来日だったものの、その影響は多大で、デジタル・セールスは先週の約3倍、Twitterとストリーミングにおいては約2倍近くのポイント増となり、2位のアデル「ハロー」に大差をつけている。加えて “Hot100”では、先週29位から13位へ大ジャンプアップし、『パーパス』からの2ndシングルとなる「ソーリー」は洋楽チャート3位に浮上している。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。