ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハイエイタス・カイヨーテ、グラミー賞にノミネート&初CD化音源3曲収録したデビュー盤を来年1月発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新世代の音楽シーンを牽引するオーストラリア発フューチャー・ソウル・バンド、ハイエイタス・カイヨーテ(Hiatus Kaiyote)が第58回グラミー賞のR&Bパフォーマンス部門にノミネートされた。第56回グラミー賞の同部門でもオーストラリア出身のバンドとして初めてノミネートされ話題となった彼ら。代表曲「ナカマラ」を収録したデビュー盤「トーク・トマホーク」の国内盤が来年1月27日に発売されることとなった。日本盤には特別に初CD化音源が3曲、約18分収録される。

ハイエイタス・カイヨーテは最新アルバム「チューズ・ユア・ウェポン」を引っ提げ、9月の初来日公演でジャム・バンドとしての本領を発揮したステージで日本の聴衆を魅了したばかり。

それぞれ異なるバックグラウンドを持ち、キャリアも様々なメンバー4人が集まって2011年、メルボルンでバンド活動をスタート。2012年、デビュー・アルバム「トーク・トマホーク」を自主リリースした。その唯一無二のミクスチャー・オーガニック・サウンドに注目したサラーム・レミが、自身の主催するレーベルFlying Buddha の第1弾作品として2013年7月、世界発売した。その際、Q-TIPをフィーチャーした「ナカマラ」がボーナス・トラックとして追加収録され、第56回グラミー賞ベストR&Bパフォーマンス部門にオーストラリアのバンドとして初めてノミネートされる快挙につながった。残念ながら受賞は逃すも、ハイエイタス・カイヨーテというバンドの名前を一気に世界へ広げることとなった。

今やライヴでも圧倒的な認知度を誇る代表曲「ナカマラ」を収録したデビュー盤が、3曲ボーナス・トラックを追加し国内盤として来年1月27日に発売される。初めて世の中に出る「ナカマラ」のアコースティック・ヴァージョンに、2013年6月の初CD化ライヴ音源を追加収録した日本独自企画だ。

紅1点で強烈な個性を放つギター&ヴォーカルのネイ・パーム、サイモン・マーヴィン(Key)、ポール・ベンダー(Bs)、ぺリン・モス(Ds)の4人からなるハイエイタス・カイヨーテは2011年メルボルンで結成。スティーヴィー・ワンダー、ビヨーク、サハラ砂漠の音楽等の影響を強く受け、バンドを組むのはこれが初めてというネイ、幼少時よりクラシック・ピアノを学び、ジャズや現代音楽にも詳しいキーボードのサイモン、かつてはメタルバンドでプレイし、その後マイアミ大学でジャズを学んだベースのポール、ヒップホップのプロデューサーだったペリンからなる4ピース・ミクスチャー・バンドである。

そんな4人に共通するのは アニメや音楽を通しての日本文化への深い関心だ。ファースト・アルバムのジャケット写真には、2羽の 折り鶴が表紙イラストに組み込まれている。来日時には日本のファンからプレゼントされた小さな折り鶴にメンバーが歓喜の声をあげる場面も。

今回ノミネートされた「ブリージング・アンダー・ウォーター」は最新作「チューズ・ユア・ウェポン」の収録曲。ギター・ヴォーカルのネイ・パームが、幼少時より愛聴し多大なる影響をうけたスティーヴィー・ワンダーに捧げるトリビュートなのだという。オーストラリアの広大な自然の息吹を感じさせる美しいミュージックビデオも公開中だ。

第58回グラミー賞授賞式は 現地2016年2月15日(日本は16日)に開催される。

Hiatus Kaiyote – Breathing Underwater ※グラミー賞ノミネート曲

リリース情報

日本独自企画盤「トーク・トマホーク+3」2016年1月27日発売
品番:SICP-4777/2,400円(+税)
<収録曲> ※日本盤のみボーナス・トラック3曲収録/歌詞対訳付
1.メビウス・ストリーク
2.ワールド・イット・ソフトリー・ラルズ
3.リープ・フロッグ
4.マリカ
5.オセロ
6.ブーム・チャイルド
7.レース・スカル
8.レインボウ・ローズ
9.スフィンクス・ゲート
10.ナカマラ
11.ナカマラ(feat.Q-TIP)
※日本盤ボーナス・トラック
12.ナカマラ (Rox’ N Stix Desert Mix)
13.レインボウ・ローズ/ナカマラ(live in Revolt)
14.スフィンクス・ゲート/ワールド・イット・ソフトリー・ラルズ(live in Revolt)
録音:2012年(1-10、12)/2013年(11、13、14)

配信限定シングル「ブリージング・アンダーウォーター」DJ スピナ・リミックス 配信中
https://itunes.apple.com/jp/album/id999989125?app=itunes&ls=1

関連リンク

ハイエイタス・カイヨーテ レーベルホームページhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/hiatuskaiyote/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP