ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

fripSide、接戦でA応Pを下しビルボードアニメチャートを制覇

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
fripSide、接戦でA応Pを下しビルボードアニメチャートを制覇

 fripSideとA応Pによる接戦の首位争いが展開された今週のビルボードアニメチャート。最終的にはfripSide「Two souls-toward the truth-」(『終わりのセラフ 名古屋決戦編』OP曲)がA応Pを破る結果となった。

 fripSide「Two souls-toward the truth-」は、CDセールス4位、デジタルセールス2位、ルックアップ3位、Twitter 6位と4つの指標でバランス良くポイントを積み上げるという理想的な戦い方で、デジタル先行のA応Pや、パッケージ先行のTRIGGER「SECRET NIGHT」(今週3位)、IDOLiSH7「MONSTER GENERATiON」(今週5位)らを退けた。一方、A応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」(『おそ松さん』OP曲)は、相変わらずダウンロードとYoutubeでアニメチャート1位と好調。また、デジタルでの話題性がCDセールスに跳ね返っている様子も確認できるものの、そのスケールが伸ばしきれなかった。

 その他、今週は話題作が少なかった影響か、2015年10月以前にリリースされた作品も多く再浮上。秦 基博「ひまわりの約束」が先週12位から4位へジャンプアップしたほか、UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」が2週ぶりに11位にチャートインを果たしている。いずれもこの調子で2016年もアニメチャートを賑わせる曲となりそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

12月14日付 Billboard JAPAN HOT Animation
関ジャニ∞「侍唄」、セールスで大差、ビルボード総合首位、“浦ちゃん”初登場3位
星野源『YELLOW DANCER』が首位に、TOP3には洋楽タイトルが続く

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。