ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスティン・ビーバー 来日効果で再び洋楽チャート1位に返り咲き! 映画公開とともにチャートを上昇した2曲は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先週、1年ぶりの来日を果たしたジャスティン・ビーバーの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」がアデルを下し、今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“HotOverseas”で9週目の1位となった。

 先週は惜しくも2位にランクダウンしてしまったが、来日効果で予想通り1位に再び返り咲いたジャスティン・ビーバー。わずか2日間という短い来日だったものの、その影響は多大で、デジタル・セールスは先週の約3倍、Twitterとストリーミングにおいては約2倍近くのポイント増となり、2位のアデル「ハロー」に大差をつけている。加えて “Hot100”では、先週29位から13位へ大ジャンプアップし、『パーパス』からの2ndシングルとなる「ソーリー」は洋楽チャート3位に浮上している。

 じわじわとランクを上げているのが、12月4日に公開となった映画のテーマ曲となっている2曲。9位のサム・スミス「ライティングズ・オン・ザ・ウォール」は『007 スペクター』、そして13位のメーガン・トレイナーの「ベター・ホエン・アイム・ダンシン」は『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』に起用されており、映画公開に伴い、両者ともデジタル・セールス、Twitterにおいてポイントを伸ばしている。

 ホリデー・シーズン到来とともに、先週1年ぶりのチャートインを果たしたマライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」は今週7位につけており、20位にはワム!の「ラスト・クリスマス」もランクイン。来週は、クリスマス・ソングがさらにチャートを賑わすとともに、今週頭に行われた【グラミー賞】ノミネーション発表を受け、関連タイトルがチャートを上昇することが予想される。

関連記事リンク(外部サイト)

12月14日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
関ジャニ∞「侍唄」、セールスで大差、ビルボード総合首位、“浦ちゃん”初登場3位
星野源『YELLOW DANCER』が首位に、TOP3には洋楽タイトルが続く

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP