ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清塚信也のピアノ・ソロ・アルバムが第1位に返り咲き、サラ・オレイン新譜『f エフ』第2位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

清塚信也のピアノ・ソロ・アルバムが第1位に返り咲き、サラ・オレイン新譜『f エフ』第2位

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albums第1位は、サラ・オレインの3rdアルバム『f エフ』を逆転し、清塚信也のピアノ・ソロ・アルバム『あなたのためのサウンドトラック』が再度首位となった。今週で5週連続のチャートインとなり、益々注目が上がっているのが分かる。12月はピアノリサイタルに舞台など、出演が目白押しだけに今後のチャートインも期待される。

 先週はリリース直後1位を獲得したサラ・オレインのサードアルバム『f エフ』が、今週は2位でチャートイン。ヴォーカリスト、ヴァイオリニスト、作詞・作曲家、アレンジャーとして多彩な顔を持つサラ・オレインの多面性を発揮したアルバムとなっており、タイトルの“f”がそのキーワードとなっている。ヴァイオリン曲も収録。初回限定版には豪華写真集が封入されている。2016年1月21日からはアルバムリリースを記念したコンサートツアーが予定されている。

 その他、少年合唱団のリベラ新譜『天使のくれた奇跡』が、先週の第6位から4位に浮上。12月22日に開催される初のファンミーティング招待の購入期間が12月6日だった影響と思われる。上位チャートインは順調に記録を伸ばし、今週で4週連続となっている。

 また今週5位となった五嶋龍の新譜『レジェンド』も着実に記録を伸ばし、今週で4週連続の上位チャートインした。フランクフルト放送交響楽団との共演は終わっているが、現在では『題名のない音楽会』をはじめ、メディア掲載も他のアーティスト同様多い。ハーバード大での物理学専攻や投資家などのバックグラウンドから、インタビュー内容も非常に話題が幅広く、多方面で取り上げられている。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

12月14日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
関ジャニ∞「侍唄」、セールスで大差、ビルボード総合首位、“浦ちゃん”初登場3位
星野源『YELLOW DANCER』が首位に、TOP3には洋楽タイトルが続く

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。