体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鞘師里保 モーニング娘。最後の単独公演で見せた素顔 泣いて笑って「わーい! すごい! ひとり占めだぁ~!」

 佐藤優樹(10期)「優樹はやっさん(鞘師)にひとつ申したい事があります。やっさんの……うそつきぃ! まだまだメンバーとずーっと一緒に居るってまさ(優樹)に言ってきたのに……(目に涙をためる)やっさんのうそつき! どうすんですか? 今後のモーニング。どうするんですか? 9期さんが4人で、10期も4人で、12期も4人で、11期の小田ちゃんイジりが出来なくなるじゃないですか! どうするんですか!? まぁそんなのどうでもいいんですけど……やっさんが後悔するぐらいモーニング娘。’16、17、18? すごく成長していきたいと思いますので、今後も見張ってて下さい! そして最後に……今まで「キライ、キライ」言ってごめんなさい。本当はやっさんのこと、とっても……大好きです!」

 石田亜佑美(10期)「私がモーニング娘。に入って8回コンサートツアーを経験させて頂いているんですけど、その全部のツアーで鞘師さんとのダンスバトルが絶対あったんですよ……来年からねぇ、ダンスバトルが出来なくなっちゃうなと思って。……ほら、寂しくなっちゃうから! ……今までずーっと一緒に踊ってきた鞘師さんが卒業されてしまうのは寂しいなぁ~って思うんですけど、まだね、まだ(泣くのは)早いんですよ。まだ12月31日まで鞘師さんとはダンスで熱くぶつかり合えたらいいなと思ってます、鞘師さん、これからもよろしくお願いします!」

 飯窪春菜(10期)「今回のツアーは、鞘師さんの卒業発表があって、心境的にもいろいろ変化のある秋ツアーでした。私にとって鞘師さんは、あまり語らないというか、背中で語る先輩だったんですね。で、お仕事への姿勢とかでいろいろ教えて下さったり……(目に涙をためる)、何よりこの1年間はヤンタンレギュラーとして一緒に2人でやってきて……たくさんお喋りできてとても嬉しかったし、2人っきりの時間がたくさんあってすごく光栄でした。あと3週間と残り数回のヤンタン、2人っきりの大切な時間を過ごして良い思い出を作りたいなと思います!」

 鈴木香音(9期)「私たち9期メンバーはこのツアーで加入してから10ツアー目なんですよ。その10ツアーのうちどこを思い返しても、絶対私の目標に里保ちゃんがいたんですね。里保ちゃんのダンスを見て「私ももっと格好良く踊りたい」って思ったし、里保ちゃんの顔を見て「もっとこんな風に格好良く表現できたらな」って、いつのときも里保ちゃんが目標にいました。でも今日でこのツアーが終わってしまうので、もう里保ちゃんのことを目標にすることが出来ません。なので、これからは、私が後輩に目標とされる、そんな先輩になりたいなって思います。そんな大切なことを教えてくれてありがとう! フフフフ……(鞘師に向かって)素直になりなさいよ(笑)。 同期にこんなに頼もしいメンバーがいて、本当に私は幸せです!」

 生田衣梨奈(9期)「9期メンバーは5年いるわけなんですけど、このあいだ、初めてね、4人で大江戸温泉に行って。香音ちゃんは初っ端遅刻するし、里保は温泉の施設内で爆睡するし、しかも起きないし(笑)! 聖は浴衣の帯の結び方が分からないし。ひとりひとり良いところも悪いところもありますけど、それがね、合わさったときに9期メンバーって成り立つんじゃないかなっていう風に思いました。そして生田衣梨奈も同期が卒業するなんて考えてなかったんですけれども……一生懸命、センター目指して頑張りたいなっていう風に思います!」

 譜久村聖(9期)「正直、里保ちゃんとはもっと一緒に歌いたい曲もあるし、もっと一緒に叶えたい夢がいっぱいあります! だから今日のコンサートも「もっともっと時間が遅く進めばいいのになぁ」って思いながら歌っていました。でもこれからはね、違う道に進むけど、一緒に頑張っていこうね。……モーニング娘。’16として12人で2016年からは活動していきますが、これからも私たちも、里保ちゃんも、一緒に頑張っていきますので、皆さん、見守っていてください!」

<今日のこのステージは“未来の自分に繋がる”>

 そんな12人からの愛あるメッセージを受け、最後に鞘師が語り出す。「ありがとうございます! そしてメンバーのみんなもメッセージありがとう! 私は毎回この武道館のステージに立つときに、こ~~~んなに広い会場なのにメンバーと心をギュッとひとつにしてパフォーマンスできる時間が本当に楽しかったし、凄いことだなって思ってたし、そんな私たちとファンの皆さんがギュッと心をひとつにして、一体感のあるコンサートを創ることができて本当に、本当に楽しかったなって思いました。そして今日は私たちのステージがギリギリ見えるところまでたくさんのファンの方が来て下さっていて、そしてライブビューイングで日本全国の皆さん、韓国、香港、台湾の皆さんが観て下さって……元気ですかぁ~? 本当にたくさんの方に見守って頂いて、今ここに立つことが出来ています。

前のページ 1 2 3 4次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。