ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

わずか2ミリ!電波で作動するセンサーが開発される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オランダのエイントフォーヘン工科大学が、わずか2mmで1.6グラムしかない小型の温度センサーを開発した。なんとこのチップの動力は電波だという。

動力は電波

このチップ、ルーターが置かれたワイアレスネットワークがある場所であれば、電池なしで作動させることができる。さらにはチップ自体に蓄電が可能で、温度を測ったり、ルーターに合図を送ることもできるという。
これだけの機能を超小型で実現しながら、コストは1個あたり20セント(約25円)ほどで早期の普及が期待されているそうだ。

今後は様々な端末に使われる?

現段階では、ルーターから2.5cmほど離れた場所でしかチップは作動しないが、研究者たちは年内に1メートル、最終的には5mまで電波が届く距離を伸ばしたいとしている。
ワイアレスネットワーク内の電子機器にこのチップが入っていれば、遠隔での充電などが可能になるので、様々な技術に応用できそうだ。

The world’s tiniest temperature sensor is powered by radio wave

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP