体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MarshmallowのタブレットUIではステータスバーのタッチ位置によって通知パネルの表示位置も変わる

Android 6.x Marshmallow をタブレットで利用した場合に、通知パネルがステータバーをタッチした位置によって柔軟に変わることが判明しました。Android Lollipop まで、通知パネルは中央固定で表示されますが、Android 6.x では、ステータスバーを引き下げる際にタップした位置を起点に表示されるようになります。右側をタップすると右側に、左型をタップすると左側に表示される仕組みです。中央をタップすると中央に表示されるようになります。スクリーンショットは Android 6.0.1 の Nexus 9 で撮影したものです。この変更が Android 6.0 で実装されたものかどうかは確認していませんが、Android Marshmallow の最新バージョンでこのような仕様になっています。更新:Android 6.0 で導入された機能のようです。I さん、ご連絡ありがとうございました!

■関連記事
more communication、ストーリー型放置ダーク童話ゲーム「マジ病みアリス」をリリース
上海問屋、ZIPPOライター風ケースの付いたMicro USBケーブル「DN-13444」を発売
SNKプレイモア、Androidゲームアプリのスペシャルセールを開始、KOFや餓狼伝説、サムスピなどが半額

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。