ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【目的別】自分を変えるお参り(東京近郊の由緒ある神社)~日本人はずっとそうしてきました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

神社にお参りして一歩踏み出すキッカケや励みにするのは昔から日本人の知恵でした。ダイエット(痩せる)、お金を貯める、きれいになる、資格、仕事、禁煙、禁酒、悪い状況から脱出など、自分をリセットして新しい自分を始める。スタートにふさわしい由緒ある神社や神様を古事記や日本書紀も参考にしてまとめてみました。

神社にお参りして一歩踏み出すキッカケや励みにするのは古くからから日本人の知恵でした。【目的一覧】ダイエット(痩せる)お金を貯めるきれいになる資格や英語を身につける仕事を成功させる禁煙禁酒悪い状況から脱出する

ダイエットする。(痩せる)

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/178158867

ダイエットでは「食べ物に感謝してバランスよく食べること」が大切です。良い結果を出すために「食べ物の神様」に力を借りましょう。

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/507827519

【お参りする神社】 王子稲荷神社(おうじいなりじんじゃ)東京都北区岸町1-12-26平安時代にはすでに関東稲荷総司(関東の稲荷神社の総元締め)として崇敬されていた格式の高い神社です。日本を治めた源頼朝や徳川家康も寄進を行いました。

【主祭神】宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)食べ物の神様。古事記や日本書紀にも登場する「穀物・食べ物をこの世に生み出した神様」。お稲荷さんとして五穀豊穣や商売繁盛の御利益で知られており、京都の伏見稲荷大社をはじめ全国の稲荷神社にまつられています。

出典:http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=%205

【トリビア】★稲荷の語源は神様が稲を生(な)らせた場所。“稲がなる”→“イナル”→“稲荷”。★いわゆるお稲荷さんにも2通りあって、伏見稲荷や王子稲荷は日系の神様(宇迦之御魂神)、豊川稲荷はインド系の神様(吒枳尼天:だきにてん)がまつられています。

なぜ糖質制限ダイエットは短期間に体重が落ちるても喜べないか?最近の研究によると、糖質制限ダイエットでは、「筋肉が分解されるときに水分が排出されるから短期間に体重が落ちる」ということがわかっています。つまり、「筋肉を犠牲にして水が出ている」だけ!筋肉が分解されて減ってしまうと代謝が悪くなり、逆に太りやすい体質になります。さらに免疫力も下がって風邪をひきやすくなったり病気にかかりやすくなるので、急激な糖質制限はしないことが賢い選択です。穀物の神様に感謝して、ご飯やパンもバランスよくいただきましょう。

お金を貯める(貯金する)。

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/158926205

大事な目的のためにお金を貯めたいなら、「お金の神様」にも力を借りましょう。

【お参りする神社】穴八幡宮(あなはちまんぐう)東京都新宿区西早稲田2-1-11平安時代に八幡神がまつられたのち、江戸時代には徳川家光や吉宗が祈祷所にした由緒ただしい神社です。冬至から節分までは「財運アップの御守」を授かる事ができるため多くの参拝者が訪れます。 

【福の神】打出小槌(うちでのこづち)財運アップの神様。この神社に納められている宝器“打出小槌“は奈良時代に聖武天皇が養老七年(723)の冬至の日に龍神より授けられたといわれており、江戸時代に京都の宝寺から寄納されました。この打出小槌にあやかって、冬至から節分までにこの神社の「一陽来復(いちようらいふく)」御守を恵方(えほう)に向けておまつりするとお金繰りがよくなると言われています。

出典:http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=%20312

【トリビア】★恵方(えほう)とは陰陽道で「その年の福の神がいらっしゃる方角」吉方位のこと。 2016年の恵方は「南南東」、2017年の恵方は「北北西」。

きれいになる。

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/518466107

きれいな人は内側から輝いています。「太陽の神様」に明るい輝きを授かりましょう。

【お参りする神社】東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)東京都千代田区富士見2-4-1明治時代に伊勢神宮の遥拝殿(遠方から拝む場所)として創建された“東京のお伊勢さん”とよばれる良縁祈願で人気の神社です。正月には飯田橋駅まで行列ができます。

【主祭神】天照皇大神(アマテラススメオオカミ)太陽の神様。古事記、日本書紀に登場する太陽の神様で、光、慈愛、真実、秩序を象徴する神様です。日本人の総氏神として伊勢神宮をはじめ全国の神明神社にもまつられています。

出典:http://www.resgues.jp/detail/?hid=268

太陽の晴れやかな陽気を浴びるかのように、境内に入ると光が心の奥にまで届くような暖かい気に包まれ、明るい気持ちに。自分に自信をもち輝けるようなパワーが得られそう。女性として魅力が増し、恋愛に対して前向きな気持ちになりやすく、参拝後には新しい出会いが生まれると評判。

出典:一個人 特別編集 開運!日本のパワースポット案内

資格や英語を身につける。

出典:http://meimonedu.co.jp/gokaku_shikaku_01.html

なりたい自分になる、人のためになる。「学問の神様」の力も借りましょう。

【お参りする神社】湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)東京都文京区湯島3-30-1湯島天神としても広く知られています。飛鳥時代に創建されたのち、南北朝時代に住民の請願により菅原道真を勧請して合祀されました。江戸時代には幕府公認の富くじ(宝くじ)で庶民に親しまれていました。

【主祭神】菅原道真(すがわらのみちざね)学問の神様。幼少から学問の才に恵まれ若くして官吏の登用試験に合格。その後も厳しい試練を乗り越えて右大臣にまで登りつめました。 政略で太宰府に左遷され没した直後に起こった天変地異を鎮めるため京都の北野にまつられましたが、後世にはその類まれなる才能から学問の神様として敬われています。菅原道真の精神「和魂漢才」は日本に誇りを持ちながら他国の文化を受けいれること。英語などの外国語の習得にも力を貸していただけそうです。

出典:http://www.yushimatenjin.or.jp/

【トリビア】★危険を避けたいときに使う「クワバラ、クワバラ」とは、崇りで雷を落とされないように菅原道真が生まれた地名を唱えたもの。★菅原道真が好んだ梅の花。梅の種の中を天神さんというのは、生では有毒な種の中の部分を食べないようにするため。

仕事を成功させる。

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/480400823

仕事を成功させるには、ときに「勇敢な魂」が必要です。日本を平定した神様の勇敢な魂を分けていただきましょう。

【お参りする神社】鹿島神宮(かしまじんぐう)茨城県鹿嶋市宮中2306-1飛鳥時代に創建された関東随一の古社です。建物の多くは重要文化財、国宝の神剣「韴霊剣(ふつのみたまのつるぎ)」が伝えられています。日本の中でも屈指の由緒ある神社です。

【主祭神】武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)仕事を成功に導く神様。古事記では「日本平定」という大きな仕事を果たした勇敢な闘いの神様。奈良時代には藤原氏に勧請されて奈良の春日大社にもまつられている神様です。勧請されたときに奈良まで白鹿に乗って行かれたため鹿が神様のお使いとされています。

出典:http://mutsusousya.web.fc2.com/kasimajinguu/kasimajinguu.html

境内は澄んだ空気に満ち、特に杉木立は神秘的な雰囲気。…参詣すると、邪気や災厄を寄せ付けず、決意を曲げない精神的な強さをいただけそう。

出典:一個人 特別編集 開運!日本のパワースポット案内

禁煙する。

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/158570985

タバコはカラダにも財布にもよくありません。「火の神様」に誓いをたててスパッとやめてしまいましょう。

【お参りする神社】愛宕神社(あたごじんじゃ)東京都港区愛宕1-5-31603年に徳川家康により江戸の防火、火伏せの神様としてまつられました。東京の街を見下ろす小高い愛宕山の山頂に鎮座し、神社に上がる急な石段は「出世の石段」と呼ばれています。

【主祭神】火産霊命(ほむすびのみこと)火の神様。古事記や日本書記には火の神である火産霊命を産んだイザナミが火傷してなくなってしまったことが書かれています。また、別名である火之迦具土神(ひのかぐつち)が「ものが燃えているにおいがする」を意味するという説もあり、タバコとは深い縁がありそうです。

出典:http://travelers.co.jp/2015/10/06/post-2133/

火のパワーは災いや厄を焼き切って消滅させる力。イライラしたり怒ったりする負の感情から出るオーラを浄化してくれそう。

出典:一個人 特別編集 開運!日本のパワースポット案内

禁酒する。

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/187058353

これ以上お酒で大切なものを失いたくない。もう飲まない!と決めたら誓いをたてにお参りに行きましょう。

【お参りする神社】来宮神社(きのみやじんじゃ)静岡県熱海市西山町43-1約1300年前に熱海の地主神として創建されたといわれています。禁酒の神として古くから信仰され「きのみや=忌の宮」として断ちものや悪縁切りにご利益があるとされています。また「きのみや=木の宮」として樹齢2千年を超えるご神木「大楠」は国の天然記念物で日本有数のパワースポットとしても有名です。

【御祭神】大巳貴命(おおなもちのみこと)五十猛命(いたけるのみこと)日本武尊 (やまとたけるのみこと)禁酒の神様。三柱をして来宮大明神といわれ禁酒の神として古くから信仰されています。いまでも毎日禁酒を願ってお参りする人が跡をたちません。

出典:http://shizuoka.mytabi.net/izu/archives/kinomiya-jinja.php

禁酒の御祈願をされた方には、御神札と紙神札、小さな木神札を授与致します。御神札は神棚にお祀りし、紙神札は柱につけてお祀りします。小さな木神札は身に付けて頂きます。  無事満願になると神札を神前に返し、神に約束した間、無事禁酒が出来、身体も頑強に、家業も繁栄し家庭も円満になった事を神に御礼と同時に奉告に参拝する。斯く禁酒した人は今まで万余を数えます。

出典:熱海 来宮神社 ホームページ

悪い状況から脱出する。

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/483045863

どうにもならない状況から逃れるには、災いを取り除いて福をもたらしてくれる神様にお願いしましょう。

【お参りする神社】寒川神社(さむかわじんじゃ)神奈川県高座郡寒川町宮山3916奈良時代にはすでに創建され、源頼朝や武田信玄もお参りした古くから崇敬される関東守護の神社。全国で唯一の八方除けの守護神をまつる神社です。

【御祭神】寒川比古命(さむかわひこのみこと)寒川比女命(さむかわひめのみこと)八方除けの神様。八方除けとは地相、家相、方位、日柄等からくるすべての悪事災難を事前に取り除き、福をもたらしてくれることです。関東を開拓し守護する神様として民衆にも敬仰されてきました。

出典:http://www.town.samukawa.kanagawa.jp/kanko/kankouspot/samukawajinzya/1362539929439.html

大難は小難、小難は無難に過ごす為に、八方除の御祈願を受けて、寒川神社の良い「気」をいただき、心の支えと すれば、どんな状況でも積極的に生きれるようになるのです。

出典:寒川神社 ホームページ

お参りは、

神さまにお願いするのではなく、神さまの前で誓いを立てるために神社に行く。

出典:日本の神様と上手に暮らす方法

神社にお参りして新しい自分を始めましょう。思い立ったら吉日。初詣や節目に親しい友人や家族と一緒にお参りするのも楽しいですよ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP