体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【目的別】自分を変えるお参り(東京近郊の由緒ある神社)~日本人はずっとそうしてきました

記事の画像1 神社にお参りして一歩踏み出すキッカケや励みにするのは昔から日本人の知恵でした。ダイエット(痩せる)、お金を貯める、きれいになる、資格、仕事、禁煙、禁酒、悪い状況から脱出など、自分をリセットして新しい自分を始める。スタートにふさわしい由緒ある神社や神様を古事記や日本書紀も参考にしてまとめてみました。

神社にお参りして一歩踏み出すキッカケや励みにするのは古くからから日本人の知恵でした。【目的一覧】ダイエット(痩せる)お金を貯めるきれいになる資格や英語を身につける仕事を成功させる禁煙禁酒悪い状況から脱出する

ダイエットする。(痩せる)

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/178158867

ダイエットでは「食べ物に感謝してバランスよく食べること」が大切です。良い結果を出すために「食べ物の神様」に力を借りましょう。

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/507827519

【お参りする神社】 王子稲荷神社(おうじいなりじんじゃ)東京都北区岸町1-12-26平安時代にはすでに関東稲荷総司(関東の稲荷神社の総元締め)として崇敬されていた格式の高い神社です。日本を治めた源頼朝や徳川家康も寄進を行いました。

【主祭神】宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)食べ物の神様。古事記や日本書紀にも登場する「穀物・食べ物をこの世に生み出した神様」。お稲荷さんとして五穀豊穣や商売繁盛の御利益で知られており、京都の伏見稲荷大社をはじめ全国の稲荷神社にまつられています。

出典:http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=%205

【トリビア】★稲荷の語源は神様が稲を生(な)らせた場所。“稲がなる”→“イナル”→“稲荷”。★いわゆるお稲荷さんにも2通りあって、伏見稲荷や王子稲荷は日系の神様(宇迦之御魂神)、豊川稲荷はインド系の神様(吒枳尼天:だきにてん)がまつられています。

なぜ糖質制限ダイエットは短期間に体重が落ちるても喜べないか?最近の研究によると、糖質制限ダイエットでは、「筋肉が分解されるときに水分が排出されるから短期間に体重が落ちる」ということがわかっています。つまり、「筋肉を犠牲にして水が出ている」だけ!筋肉が分解されて減ってしまうと代謝が悪くなり、逆に太りやすい体質になります。さらに免疫力も下がって風邪をひきやすくなったり病気にかかりやすくなるので、急激な糖質制限はしないことが賢い選択です。穀物の神様に感謝して、ご飯やパンもバランスよくいただきましょう。

1 2 3 4 5次のページ
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会