体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【船に乗って】東京から行ける航路4選+おまけ3選【海をみよう】

記事の画像1 船に乗って海を眺めてみたい。でも、船は揺れるし、休みはあまりとれないし、そんなに遠くへはいけないし、でも船に乗ってただ海を眺めたい。そんな気分になったらこの航路に注目です。東京・神奈川・伊豆近辺から乗る船の旅です。

は じ め に

船の旅はのんびりしていて、いいものです。東京湾のクルージングや横浜のレストラン船は、デートや、いつもとは違う飲み会などにピッタリの乗り物。夏の納涼船や屋形船で、大勢で楽しむのも良いですよね。ただ海をみたい。ボォッとしたいだけなんです。そういう気持ちの時もありますね。そういう時は賑やかな船はちょっと不釣り合いです。そこで、今回ご紹介する航路は、ただ海をみることが目的というだけでも違和感のない、そんな航路に絞って紹介したいと思います。

1⃣竹芝と伊豆七島を結ぶ、海上片道5時間~往復22時間の航路

東京・竹芝桟橋で出航準備中の、さるびあ丸

2008年2月撮影  東京の竹芝桟橋と伊豆七島を結ぶ東海汽船の航路には、  高速ジェット船と大型客船とが就航しています。   高速ジェット船は速くて揺れないという快適な乗り物ですが、  ジェット船に展望デッキは無く、移動中はシートベルト着用の船ですので、  今回の「海をみる」という目的には合いません。  そこで、大型客船による航路に絞ってご紹介します。    大型客船は、神津島行きと八丈島行きの2航路があり、  竹芝桟橋の出航はそれぞれ22時と22時半という夜行便になります。   夜は2等船室を経験し、  夜明け後は、復路も含めて船上からの海の眺めを楽しみましょう。 

http://www.tokaikisen.co.jp/shipinfo/largeship/

竹芝桟橋・展望デッキから眺めるさるびあ丸船首と東京の夜景

【航路】  東京竹芝桟橋と、次の離島を結びます。  (神津島便)    ① 大島     ② 利島     ③ 新島     ④ 式根島   ⑤ 神津島  (八丈島便)   ⑥ 三宅島   ⑦ 御蔵島   ⑧ 八丈島

以下で「海眺~時間」とは、船上にいて、かつ、6時~17時の間で、海を眺めることができる理屈上の最長時間と考えてください。

以下、  ・「海眺時間」は海を眺めることができる、    6時~17時の船上にいる時間の往路・復路の合算(時刻表からの概算)で、  ・「島滞在時間」は時刻表の往路着時間と復路発時間から計算した概算で、  ・「運賃」は、2015年12月の竹芝からの2等席・往復料金(割引前)です。 「竹芝桟橋を22時もしくは22時半に出航、  翌日に島へ着いたら、その日のうちに復路の船に乗り、竹芝桟橋へ20時前に戻る」   というモデルです。  なお、伊豆七島は荒天により船が港へ着岸出来ないということも多々あります。   荒天により展望デッキが締め切りになることもありますので、  天気をよく調べておでかけください。  【割引について】   ・シルバー割引(通常期10%)   ・学生割引 (20%)   ・早期購入割引 (通常期20%・繁忙期15%)   ・インターネット割引 (通常期20%・繁忙期15%)   ・障がい者割引 (50%)    こちらも活用しますと、かなりお得になるでしょう。

① 大 島 航 路 (海眺2時間半・島滞在8時間・運賃8,540円)

   竹芝22時発→ 大島6時着→ 島滞在8時間→    大島発14時半→ 竹芝着19時45分

1 2次のページ
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。