ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

諦めないで!一重さんでも可愛くなれる多部未華子風メイクテクニック講座

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一重さんってどうしても切れ長なメイクになってしまったりシャープないんしょうになりがち。アイプチやアイテープも使ってみたいけど朝は時間もないし面倒くさい!そんなあなたに、一重でも十分可愛くなれるかんたんなメイクテクニックを紹介します(o^^o)♪

腫れぼったく見せない、すっきりアイシャドウ☆

一重さんの悩み、それは腫れぼったく見えてしまう点。ピンク系や薄いベージュ系のアイシャドウだと、どうしても腫れぼったく見えてしまいます。多部未華子さんをベースに考えていきたいと思います。

出典:http://osharenaseikatsu.info/%E4%B8%80%E9%87%8D%E3%81%95%E3%82%93%E3%82%82%E5%AE%89%E5%BF%83%EF%BC%81%E4%B8%80%E9%87%8D%E3%82%92%E6%84%9F%E3%81%98%E3%81%95%E3%81%9B%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8F%AF%E6%84%9B%E3%81%84%E3%82%A2%E3%82%A4.html

ドラマや映画の、化粧品のCMでも大活躍の多部未華子さん。多部未華子さんは一重というより奥二重だとは思うのですが、一重の方にも使えるテクニックを紹介していきます。この画像だとブルー系のアイシャドウを使っているみたいですね。腫れぼったく見えなくてすっきりした印象ですよ(o^^o)すっきりした印象なのにきつく見えすぎなくて可愛らしいですね♪このように、目が腫れぼったく見えてしまいがちな一重さんは、淡いピンク系や薄いベージュなどを使うより、少し色味の入った濃いアイシャドウや、濃いめのブラウンなどを使ってあげると腫れぼったさはなくなりますね。

出典:http://radiohead429.blog.fc2.com/blog-date-201110-1.html

出典:http://r125rakuyou.blog18.fc2.com/blog-entry-2475.html

こちらの2枚は非常にナチュラルですね。そのままの素材をいかしたメイクといった感じです。アイシャドウは、その人その人の目にあった色というものがあるので、自分は腫れぼったく見えてしまうから少し濃いめのブラウンにしよう、すっきり見せたいからブルーにしようなど、自分に似合った色を研究するのも楽しいですね!

一重をいかしたアイラインの引き方

一重さんにとって最も難しいのはアイラインではないかと思います。きりっとしすぎてしまったり、きつく見えてしまいがちですよねT_Tここでは、一重さんにオススメのアイラインの引き方をご紹介します。

出典:http://funip.jp/7184.html

出典:http://jibunchibytdoi.blog.fc2.com/blog-entry-1133.html

この2枚の画像を比較してみると1枚目の画像の方がきりっとした印象ですね。おそらく、粘膜の部分にインサイドラインを引いているのかなと思います。二枚目はアイブロウに丸みがあるのと、アイラインは目尻を少し垂れ目のように下げて書くことで、優しげで女性らしい雰囲気ですね♪

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e-TFHPE3zIM

こちらの画像からもよくわかるように、まつ毛とまつ毛の間をしっかり埋めるようにアイラインを書くことで、ぱっちり目力がアップしますね(o^^o)また、先ほどご紹介したインサイドラインは、二重の幅が狭い奥二重さんにもおすすめですね。二重の幅を狭めることなく、目を大きくぱっちり見せてくれますよ(o^^o)♡

メイクにおいて大切なのは全体のバランス

最後にお伝えしたいことは、メイクにおいて大切なことはメリハリやバランスです。メイクアップ後、顔全体を見たときに何か足りないな、濃すぎるなと思ったことはありませんか?ナチュラルメイクにするにしても、ばっちりメイクにするにしても、駆け引きが大切なんです(o^^o)♡アイメイクを濃くしたらリップとチークは少し薄めに…逆にリップを赤にしてポイントにしたいのならアイメイクはナチュラルに…自分が一番ポイントにしたいところや、目立たせたいところを濃くすると、その部分が引き立ちバランスのよいメイクになります。ぜひご参考あれ…♡

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP