ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』中国版ポスター、ジョン・ボイエガを縮小表示して物議をかもす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

公開を間近に控える映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のファンは、その中国版ポスターを見て脅威(メナス)を感じている。

中国版ポスターでは、ライトセーバーを持つジョン・ボイエガの姿が縮小されるなどの修正が加わり、ネット上で論争が巻き起こっている。

ポスターについてのツイートをいくつか見てみよう:






BB-8をより目立たせたことを別にすれば、2つのポスターの最も大きな違いは、ボイエガ演じるフィンの姿が縮小され、掲示される位置も変わっていることだ。同作で主演を務めるボイエガは、オリジナルのポスターよりも下の位置に掲示されている。また、オリジナルのポスターではアダム・ドライバー演じるカイロ・レンとデイジー・リドリー演じるレイに続き3番目に大きく表示されていたのに対し、中国版ポスターでは、ハリソン・フォード演じる銃を構えたハン・ソロとキャリー・フィッシャー演じるレイアの下になり、より大きく表示されたBB-8の後ろになっている。

一方、オスカー・アイザック演じる反乱軍のパイロット、ポー・ダメロンや、ルピタ・ニョンゴ演じる海賊マズ・カナタ、そして、チューバッカを含む白色人種以外のキャラクターは完全にポスターから姿を消している。彼らに代わって、Xウィングや帝国軍の戦闘機TIEファイター、何列にも続くストームトルーパーが登場している。


画像はルーカスフィルム提供による『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の中国版ポスター。

当初、アフリカ系イギリス人俳優であるボイエガがストームトルーパーを演じることは反発を受けていた。ボイエガは、「関係各位……慣れてくれ」と、昨年発行された本紙ヴァラエティの中で反発に対して語った。

最近の似たような出来事としては、伝記映画『それでも夜は明ける』のイタリア版ポスターで、主演のキウェテル・イジョフォーをおざなりにして、ブラッド・ピットやマイケル・ファスベンダーが主役であるかのように描かれ、ライオンズゲートがポスターの回収を余儀なくされた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP