ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キャリア契約よりもメリットがある?Apple SIMのホントのところ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年鳴り物入りで登場したApple SIMが日本上陸。これは、AppleがiPad向けのサービスとして2014年に海外で開始した独自のMVNOと言えるものです。いったいどんなもので、どんな利点があるものなのでしょうか。
Apple SIMの構想そのものは、シンプル。キャリアに縛られずにiPadを使ってください、それだけです。

 ※画像はイメージイラストです

ただし、この構想もいろんな技術的な制約やお国柄などで制限され、実質、自由にキャリアを選べるのは北米のみ、北米でも一部キャリアは一度選択すると乗換えができないなどなど、少々看板倒れになっている感もあります。

事実、日本に上陸したApple SIMが利用可能な日本のキャリアは、au(KDDI)のみとなっています。現実としてApple SIMは「お手軽に国際ローミングができるMVNO」にとどまっているというのが今の状況です。

※画像はイメージイラストです

ということで、どうせauネットワークを使うのだったら、auにだって国際ローミングもあるし、普通にauショップでiPadを購入したほうがよほどいい、ということになるのでしょうか?実はそうではありません。auでiPadを使おうとするといろいろな割引を駆使しても月の維持費が実質で3,000円を越えますし、ドコモやソフトバンクも似たようなものです。格安SIMを使っても、500~1000円はかかるのが相場です。

一方、Apple SIMは維持費ゼロ。1GBあたり1,500円のプリペイドという完全な従量課金です。事前にチャージしなければ接続もできないので、チャージした金額以上の維持費がかかることもありません。普段はWi-Fiで使っていて、年に一度か二度の旅行や出張でメールとIP電話程度に使う、という人であれば、トータルの維持費が最も安い選択肢になり得ます。

一応、チャージしたデータの有効期限は31日、契約の有効期限は365日となっていますが、自動解約になった後ももう一度契約しなおせばいいだけなので(Apple SIMに限っては契約事務手数料がかかりません)、一年以上放置したとしても初期手続きの手間を除けば大きなデメリットは見当たりません。
※詳細なSIM価格やチャージ条件は、Appleの公式サイト、auの公式サイトをご参照ください。

もちろん、Apple SIMの最大の魅力は、海外での利用です。普通のローミングをするのに比べると、現地のキャリアを直接利用するのでデータ料金が安く済む場合が結構あります。そうでなくても、Apple SIMのカバー国は多いので、自分のキャリアのローミング先かどうかを悩む機会は少なくなるのではないでしょうか。

初期契約やチャージなどさえしなければ余計な維持費がかからないし、いざというときにはお金さえ払えば日本のどこでも海外でもたいていはつながる、それがApple SIMの魅力。基本はWi-Fi利用だからWi-Fiモデルにしておこうかな、と思っている方も、この際にApple SIM入りのセルラーモデルを検討してみてもよさそうです。

(文:記者M)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP