ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

沖縄ではEXILE以上の人気!? 沖縄ヒーロー番組『琉球マブヤー』が、超ゆるいけど社会派だった!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 沖縄のご当地ヒーロー「琉神マブヤー」をご存知でしょうか? マスクのモチーフは、シーサー、必殺技は「スーパーメゴサー(すごいゲンコツ)」、決め台詞は「たっぴらかす(こてんぱんにしてやる)」など、「ウチナーグチ(沖縄方言)」や沖縄文化をふんだんに盛り込んだヒーローです。

 2008年に始まったTVシリーズのDVD販売枚数は3万枚を超え、主題歌は、県内では一時期EXILEのCD売上をも超えたほど。2011年には、沖縄出身のガレッジセール・ゴリや、山田親太朗・ISSAが出演した映画『.琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイ』が全国公開されるなど、今や、沖縄県内のみならず、日本全国でも知られる存在となりました。

 一見ゆるい設定に見える同作ですが、TVシリーズでは、反戦デモや米軍基地問題も取り上げるなど、沖縄が今直面している社会状況を正面から描き、大人の鑑賞にも充分耐えられる作品となっています。

 数あるTVシリーズのなかでも、異彩を放っていたのが2012年放映の『琉神マブヤー1972レジェンド』。本土復帰前の1972年、アメリカ統治下に置かれていた沖縄を舞台に描いた異色作です。身勝手な人間を懲らしめようとする「マジムン」軍団のほかに、「沖縄アメリカナイズ計画」実現が目的の敵キャラ「アメリカマジムン」も新たに登場し、マブヤーと三つ巴の戦いを繰り広げます。

 エピソードのなかでは、「マジムン」のアイテムとして、明治期以降、標準語励行を強制するために沖縄で用いられた「方言札(ほうげんふだ)」を想起されるものまで登場させるなど、かなり政治的メッセージも盛り込まれていた同作。その一方で、某人気料理番組のパロディや、ミュージカル場面を取り入れるなど、ポップなシーンも多数。第8話では、いつも脇役のマジムン軍団の手下・クーバーが主役になった”神回”も放映されています。

 書籍『琉神マブヤーでーじ読本』は、そんなマブヤーシリーズのストーリーと背景を丁寧に解説した1冊。特撮ヒーローに興味がない方でも、文化や歴史、多少なりとも沖縄に関心がある人なら、誰でも楽しめる作品となっています。

■関連記事

安保、沖縄、福島……私たちがいま考えるべき問題の本質とは?
もう一つの沖縄戦 "戦争マラリア" を知っていますか?
スコットランド独立運動でささやかれた「沖縄独立論」の背景とは

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。