体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ちょっとの工夫で段違い!】 見やすいスライドを作成するパワーポイントの必須テクニック

パワーポイントで資料を作る際、見やすさにこだわっていますか?

プレゼンテーションの本質は「何をどう伝えるか」であり、伝えたいことが伝わる資料が「良い資料」ということになります。

しかし資料の体裁や見映えによって、相手の第一印象や関心を惹くことができることもあるでしょう。何より力を入れたプレゼンテーションであればあるほど、細部にまでこだわりたくなるものです。f:id:k_kushida:20151209104207j:plain

 そこで今回は「見やすい資料」を作ることを目的とした、パワーポイントの「ちょっとの工夫」をご紹介します。

 スライドマスタの活用

見やすい資料を作る上で重要な要素の一つが「統一感」です。

スライドごとに配色が変わってしまったり、基本となるレイアウトが変わってしまったりしては、見る方からするとどこにどの情報があるのか、どの情報が重要なのかがわかりづらくなってしまいます。

そこで活用したいのが「スライドマスタ」のテーマの編集という機能です。

f:id:careerca:20151023223538j:plain

・テーマの設定

パワーポイントのベースとなるデザインを作るのが面倒な場合は、デフォルトで設定されているテーマから選ぶのも方法のひとつ。統一感のあるパターンが用意されているため、そのテンプレートに沿ってスライドを作成することで、一定のクオリティが担保できます。

・配色の設定

スライドに使用する配色は、「見やすさ」に大きな影響を与えます。色のトーンやパターンがバラバラなスライドは、アンバランスな印象を与えるだけでなく、重要なポイントがどこにあるかがわかりづらくなってしまうというデメリットがあります。

配色にはベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーという概念があります。ベースカラーが使用面積のもっとも大きな部分、アクセントカラーが最も小さな部分、アソートカラーはその中間、といった意味です。

色には赤などの「膨張色」と青などの「収縮色」が存在し、強調したい箇所に使うアクセントカラーは、「膨張色」の使用がおすすめです。しかし、ベースカラーやアソートカラー(たとえば背景など)に膨張色、特に目立ちやすい赤を使ってしまっていると、肝心の強調したい箇所を強調しにくくなってしまいます。

むやみに色を使わず、色使いにもきちんと役割をもたせましょう。

・フォントの設定

不揃いな資料と印象を抱きがちなスライドでは、使用されているフォントがバラバラである、というケースが見られます。他の資料からコピーしてきた場合に、コピー元のフォントが使用されてしまっていて、統一感のないスライドに見えてしまう、なんていうことも。

そこで、見出し・本文に使用する日本語・英字の基本パターンを決めてしまいましょう。印刷して使用するのか、プロジェクターで写すのかによっても多少変わりますが、特に後者の場合は、文字は太めのフォントの方が見やすいので、特に見出しなどの強調箇所には、基本はゴシック体をおすすめします。

 テキストの整え方

・行間を広めに設定する

テキストの行間は、読みやすさにおいて文字の大きさと同じ、もしくはそれ以上の効果を発揮するものです。文字がごちゃっとしていて読みづらいと感じるスライドは、たいていこの行間が狭いことが多いです。

f:id:careerca:20151023223555j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会