ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オフィスでもできる♪簡単ハンドマッサージで冬こそ美しい手元に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手肌の冷えは、くすみやハリ低下の原因に

美しさの印象を決めるのは目や口といった顔だけではなく、手や指先も重要なパーツ。しなやかで清潔感のある指先、白い手、ふっくらとしたハリ感は、女らしさや若々しさ、そして洗練さを印象づけます。普段の生活でも手を使うことは多く、電話をかけたり、本を読んだり、食事の所作などでも、手が美しいとグッと好感度がアップ。ファンデーションなどでカバーしにくい場所でもあるので、日頃からのお手入れがとても大切です。
とくに冬は気温が下がり、空気が乾燥。手や指先などの末端部分は血行が悪くなり、冷えやすく、乾燥してカサつき、肌の色もくすみがちになります。まずはしっかりと温め、マッサージで血流を促すことが手と指先の美しさを守るポイント! 簡単にできるマッサージを習慣にして、いつまでも若々しく美しい手元をキープしましょう。
血流を促すとともに、乾燥をしっかりケアすることが大事なので、マッサージの時はハンドクリームを用意。滑りもよくなり、しっとりとなめらかに肌を整えてくれます。
【マッサージ①】
手の甲にハンドクリームを塗り、甲全体に円を描くようにやさしくさすります。指の根元から手首に向かって骨と骨の間をさするのも効果的。乾燥でごわつく肌にしっとり潤いが浸透し、ふっくらとしたハリがよみがえります。

 

爪の艶もアップする、指先のマッサージ

【マッサージ②】
冷えてかじかんだ指先の血流を促すマッサージ。指1本1本を根元から指先に向かってさすりながら引っ張ります。最後に爪の生え際の両脇を挟んでギュッと指圧。末端の血流の滞りを流すことで、全身の巡りも改善します。

 

よく動かす場所だけに、手首をストレッチ

【マッサージ③】
重い物を持ったり、パソコン仕事や家事をしたりするなど、手は意外と毎日重労働。疲れを残さないように、手首のストレッチで関節や筋肉を柔らかくほぐします。指をそろえた手のひらを、もう片方の手を使って後ろに反らせストレッチ。手首の内側にもゆっくり曲げてほぐします。最後に力を抜いて、軽く手首をブラブラと振りリラックス。
どのマッサージも時間もかからずでき、テクニック要らずでとっても簡単。仕事の合間などにも、リフレッシュを兼ねてぜひトライしてみて!
冬の寒さ、乾燥に負けない、手元美人を目指しましょう。

beautyeditor.jp(小林賢恵)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP