ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とんでもない人と結婚してしまった。出産時に不在、育児丸投げ…ついに義実家へ家出!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初めての出産をした時、帝王切開で「3時には手術が終わるからね」と念を押していたのに、主人は手術室にも病室にもいませんでした。

後で聞いた話ですが、看護婦さんが放送で呼び出ししたのに病院にいなかったそうです。

「何をしてた?」と聞くと生まれたら両親が見に来るからお茶を買いに外に行ってたそうで、本当にとんでもない人と結婚したと情けなくなりました。

生まれてから2ヶ月は他県の実家にいましたが、その後、自宅に戻ると全てのことを私がやらないといけなくなりました。

実家では甘えられても、自宅では主人と二人なので甘えられません。

当たり前ですが、朝、晩のご飯の支度、掃除、洗濯、私も初めての育児で、てんてこ舞いなのに手伝ってくれないことに驚きました。

夜は10時を過ぎるまで帰ってこないので家事を手伝うのは無理かもしれませんが、夜泣きには対応してくれると思っていました。

けれど、「昼に眠くなると運転が怖いから」と起きて手伝ってくれることはありませんでした。

確かに営業なので、仕事で運転することもありますが、そんな風に考えるとは、頭にきました。

せめて、「ありがとう」「ごめんね」「休みの日は手伝うね」があってもいいじゃないの!と怒りが込み上げてきました。

私だって、眠いのです!

休日なんてないのです!

怒りのあまり、赤ちゃんを連れて家出をしました。

行先は、近所の義母の家です。

赤ちゃんを見てもらいながら、羊羹を食べつつ、義母に愚痴をこぼしました。

手伝ってくれない事、態度が悪い、私に感謝の気持ちがないと散々、文句を言ったのです。

義母はひとしきり、頷いて聞いて下さいました。

羊羹を食べ終わり、次にお饅頭を食べてそれでも収まらず、晩御飯も食べることになりました。

出前のお寿司をとって義父と3人で食べました。

「何でも言うてね」義母が私に怒ることなく、笑顔で言ってくれました。

お腹が一杯になると怒りも収まって私は眠ってしまいました。

その間、赤ちゃんは交代で抱っこされてグズることなく寝ていました。

夜遅くになって主人が迎えにきました。

「初めてのことやし、わかってなくてごめんね。何でも言ってね。」と主人に言われました。

それからは、我慢せずに大変な時はご飯を作らずに主人に買ってきてもらったり、「プリン、買ってきて」と言ったり、家事もユルくていいんだと思いました。

頑張り過ぎず、気持ちを爆発させて主人とも、義母義父とも仲良くなりました。

著者:まりこ

年齢:30歳

子どもの年齢:8歳

自分の言いたい事を言うようになって主人と仲良くなりました。ケンカもしますが、子供が助けてくれます。義母と義父とは家族旅行に出掛けることもあり、子供の教育でもめる事もありますが、仲良くしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

優しくて子ども好きだと思っていた主人。でも子供を産んでから募る不信感…
退院直後、旦那が結婚式へ行ったが泥酔して帰宅してきやがった
旦那のながら育児とさよなら

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP