ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

行ってよかったマタニティヨガ。旦那よりも頼りになったのは、同じ境遇の妊婦さんたちとの繋がり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠の初期につわりがひどかった私は、妊娠4か月の時に仕事をやめました。

その後はのんびりと妊婦生活をしていました。

安定期に入るまではとにかく体調が悪く、家にいて家事をするのがやっと。

あまり友達とも会わずに、また冬で寒いという事もあり、家で本を読んだり手芸をしたりしていました。

6か月をすぎて安定期に入ると不思議なくらい体調が良くなりました。

吐き気や頭痛がとれたのです。

また春になり気温も上がってきたのもあり、外に出ようと決意。

引っ越してきたばかりで近所に仲の良い人もあまりいなかったので、ママ友作りと健康と出産対策のためにマタニティヨガを始めました。

一クラス10人ほどで1時間、週に1回のレッスンです。

来ていたのはほとんど同じ時期に出産するママ達。

皆初めて会う人で、年代もバラバラなのですが、同じ境遇にいるというだけですぐに仲良くなる事ができました。

私はもともと人見知りなのですが、赤ちゃんという共通の話題があるだけで自然と話せるようになったのです。

レッスンの前後には買い物に行ったり、ランチをしたり。

またグループでチャットをしたりもしました。

妊娠中は常に色んな悩みがありました。

妊娠前期も安定期も後期もそれぞれで悩みがあります。

また産まれてからの事や育児グッズなども相談したい事はたくさんありました。

そんな時に週に1回同じ悩みを持つママと話すだけで、すごく救われました。

悩んでいる事や考えている事がほとんど同じだったので、いつも共感しあえたからだと思います。

それがとても嬉しかったのです。

出産が近づくと不安な事だらけでしたが、皆で頑張ろうと励まし合いました。

そして順番に出産するたびに自分の事のように緊張し、無事産まれたのを聞くと嬉しく励みになりました。

今では子供どうし同級生なので元気に遊んでいます。

そして今度は育児の悩みを共有しています。

ヨガ教室に通っていなければこんなに同じ境遇のママに会う事はなかったと思うと、行って良かったと本当に思いました。

やはりパパにはわからないママ同士の悩みを一緒に理解しあえる仲間は大切です。 

著者:ちこゆう 

年齢:30歳

子どもの年齢:1歳

昨年息子を出産した1児のママです。最近は仕事も再開し、息子を保育園に預けながら家事と育児と仕事の両立に奮闘している毎日です。忙しいけど幸せを感じる日々です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

[蛯原英里さん×安めぐみさん対談第1回] つらかったつわり、その時うれしかった夫の気遣い
マタニティ用品じゃなくても工夫次第で大丈夫!妊婦だからって、おしゃれを諦めたくない私がやったこと
出産準備に消極的だった私がいち早く買ったアイテムは「マザーズバッグ」!重視したポイント、実際の使用感とは?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP