ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】生産物を守る新たな取り組み!オーナー制度プラットフォーム「OWNERS」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TPPの大筋合意を前に、自国の生産物をどうやって守っていくかが、ここのところ大きく取沙汰されている。

参加後に起こり得る影響など、各メディアが連日のように取り上げているのは、読者もご存知のことだろう。

実際にどのような影響を受けるかは、ふたを開けてみなければわからない。しかし、TPPの有無に関わらず、生産者自身が既存の仕組みに頼らない手段で、個々の生産物を守っていく時代は、もうそこまで来ているのではないだろうか。

今回ご紹介する「OWNERS(オーナーズ)」は、まさにそのためのサービス。昔からある“オーナー制度”をITに組み込むことで、これまでにない新しいシステムを確立させた。

提供元は、出版・広告、コンサルティングをはじめ、幅広く事業展開しているエル・エス・ピー。OWNERS事業責任者の谷川 佳(たにがわ けい)氏に、早速詳しい話を聞いた。

・こだわりを持った生産者と消費者をつなぐ新たなプラットフォーム

Q1:サービス提供のきっかけについて、お聞かせください。

前職で企画やPRに携わっていましたが、イベントなどで瞬間的な話題作りができても、その勢いを継続させるのは、とても難しいと、常々痛感していました。

一方で、そうした土地で出会った生産者のお話は、その背景を知っているからこそ、食べたときのおいしさが増したり、消費の感覚そのものが変わるような体験をさせてくれます。

(そんなことから)生産者が単純に消費するのではなく、“自分ごと”として捉えられる新たな消費を提案できないかと思ったのが、サービス誕生のきっかけです。

Q2:「OWNERS」とは、どんなサービスなのでしょうか。

全国の“オーナー制度”を集めた、プラットフォームです。

“オーナー制度”というのは、昔から生産者にとっては当たり前にあった制度で、消費者が果物・野菜などの生産物(区画や、木など)に対して事前に登録を行い、登録期間中は“オーナー”として、収穫物や完成した商品を受け取れる仕組みのことです。

「OWNERS」では、こだわりを持った生産者のオーナー制度を集め、その中でのオーナー登録、決済、生産者とのコミュニケーションまでのすべてを、オンライン上で完結しています。

・消費のあり方やライフスタイルを再提案できるようなサービスをめざす

Q3:サービス構築にあたって最も苦労したのは、どんなところでしょうか。

共感してくれるパートナー(農家さん)を、見つけることです。特別なコネを持っていたわけではなかったので、とにかくこだわりを持った生産者を見つけ出し、一件一件訪ねていくという地道な作業でした。

「OWNERS」におけるオーナー制度では、事前に注文数を把握できるというメリットはあるものの、生産者たちが自ら情報を発信していく必要があります。

「リアルな消費者の声を聞きたい」「限られた人に対して、計画性を持って、こだわりの商品を提供したい」という想いを大事にしている生産者に出会うことが、一番大変でした。

Q4:これから「OWNERS」をどのようなサービスに育てていきたい、とお考えですか。未来の展望をお聞かせください。

注文すれば、翌日には自宅に届く今の世の中で、注文してから3ヶ月後に届く喜びと深み。これは、生産プロセスを知ることができるものだからこその、楽しみだと思います。

単純に“生産者と消費者をつなぐ”というだけのサービスではなく、今後拡充するコンテンツによって、そもそもの私たちの消費のあり方や、ライフスタイルを再提案できるようなサービスを、めざしていきたいです。

数多くの賞に輝く日本茶やこだわりのチーズなど、全国各地選りすぐりの逸品がそろう「OWNERS」。生産者に寄り添いながら応援できる本サービスは、消費者側にも新たな発見と喜びを与えてくれるに違いない。

オーナー制度プラットフォーム OWNERS

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP