ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紅白司会井ノ原 木村拓哉が勝敗意識する姿を見て感じたこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『第66回NHK紅白歌合戦』(NHK総合、12月31日木曜、19時15分~23時45分)の白組司会に決定したV6・井ノ原快彦。情報番組『あさイチ』のMCですっかりNHKの朝の顔として定着している井ノ原だが、紅白の司会は初挑戦。

「司会者発表会見が終わって楽屋に戻るとメールの数が尋常じゃないくらい多くてビックリしました。それだけたくさんの人に注目されているってことですよね。報道陣の多さを見てもやっぱり日本を代表する歌番組なんだなってあらためて思います」と気を引き締めた。

 紅白といえばただの歌番組ではなく、歌合戦であることを忘れてはならないのだが…。

「去年白組が勝ったっていったときにSMAPの木村くんが“よっしゃー!”ってハイタッチをしてくれたんですけど、あっそうだ!! って。即座に合わせてハイタッチしましたけど、ずーっとやってらっしゃるかたは勝敗を意識してるんだなって。意識しなきゃダメですね。出演者のかたのパフォーマンスを見入っちゃったんです。でもよく考えると敵だったんですよね」と、V6として初登場した去年の紅白を振り返った。

 日々の相棒、有働由美子アナに見守られながら、どんな司会ぶりを見せてくれるのか。2015年の締めくくりが今から楽しみだ。

※女性セブン2015年12月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『NHK紅白歌合戦』 GHQから一度企画を却下された過去もある
【紅白歌合戦トリビア】「1年に2度」行なわれたことがある
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP