ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

酒井法子 中国人向け豪華客船で『碧いうさぎ』を歌い客感激

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 のりピーこと酒井法子(44)の姿が11月中旬、意外な場所で目撃された。豪華客船『クァンタム・オブ・ザ・シーズ号』の中国人向けクルージングツアーで、ライブを行なっていたのである。
 
「クァンタム・オブ・ザ・シーズ号は“動く高層ホテル”ともいわれ、乗客定員は4000人超。カジノやプール、映画館も備えている。ライブは1300人収容のコンサートホールで開催されました」(男性乗客)
 
 ツアーは4泊5日で、11月12日に上海を発ち、福岡で停泊したのち出港地に戻るもの。チケット代は一人約10万円から。ライブはその往路で行なわれ、日本語歌詞ではあるが『時の流れに身をまかせ』や、『グッド・バイ・マイ・ラブ』など、中国人にもなじみ深い8曲を披露した。
 
「『碧いうさぎ』を歌ってくれて嬉しかった。ドラマ『星の金貨』を思い出してみんな感激していましたよ」
 
 中国人男性客はそう興奮気味に語る。同ドラマは中国でも放送され、中国でののりピー人気を確固たるものにした作品だ。なぜのりピーは船上ライブをすることになったのか。運航会社の上海オフィスはこう回答した。
 
「酒井さんサイドから売り込みがあったと聞いています。上海から彼女の故郷の福岡に向かうツアーでしたから、何か特別な思い入れがあったのでしょう」
 
 しかし、のりピーの所属事務所はこう語る。
 
「クァンタム・オブ・ザ・シーズ号における日本人初のライブということで、先方からオファーがあって出演しました。今後の出演予定はありません」
 
 双方の説明は食い違っていたが、のりピーが完全復活に向けて動き出したことだけは間違いなさそうだ。

※週刊ポスト2015年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国映画市場 前年比36%増で日本を抜き米に次ぐ世界2位に
酒井法子 今でも“マンモスうつくピー”女優オーラ満開写真
全長362mの世界最大の客船 容積トン数は日本の飛鳥IIの5倍

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP