ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪W選圧勝で橋下政界復帰待望論 自民と改憲連合構想出る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 橋下徹氏率いるおおさか維新が大阪府知事選と大阪市長選のダブル選挙で圧勝した。知事選は、現職、松井一郎氏が再選、市長選も前衆議院議員の吉村洋文氏が初当選した。

 大阪のダブル選挙の勝利で、地元では「政界引退」を表明した橋下氏の政界復帰待望論が早くも高まっている。

 橋下氏は選挙戦で先頭に立って大阪都構想の住民投票で反対が上回った区を重点的に応援に回り、市長選の得票を逆転させて根強い支持があることを見せつけた。「天敵」である朝日新聞の世論調査でも、大阪府民の55%、大阪市民の44%が「復帰してほしい」と回答している。

 ジャーナリストの森功氏は仮に来年7月の衆参同日選が行なわれた場合、橋下氏が「おおさか維新」の看板候補として衆院選に出馬する可能性が高いと指摘している。そうなれば大阪で三たび橋下旋風が起きるのは確実だろう。

 ダブルに敗北した自民党大阪府連関係者は、「来年の参院選で大阪選挙区は定数が4に増える。府連ではまだ公認候補は決まっていないが、勢いに乗ったおおさか維新が候補者を2人擁立してくるのではないかと戦々恐々としている」という。

 安倍官邸では来夏に衆参同日選戦略を練っているとみられるが、それは党内の予想を大きく超える内容のようだ。

「そのとき官邸は自民党を大阪から撤退させるかもしれない」と見るのは菅官房長官に近い自民党幹部の1人だ。

「大阪の自民党は伝統的に選挙に強くない。そのうえ大阪府連はダブル選挙で共産党と組んだことから保守層の離反を招いた。橋下―松井府知事コンビとパイプが太い安倍晋三・首相や菅義偉・官房長官の頭には、ドイツの姉妹政党制のように、選挙後に統一会派を組むことを前提に大阪は地域政党のおおさか維新にまかせ、自民党は候補者を立てない考え方もある。

 そうすれば衆院選は大阪の19小選挙区のうち、公明党の4議席を除く15選挙区をおおさか維新が独占する可能性が高い。大阪の小選挙区と近畿ブロックの比例代表だけで25議席前後の議席を得る可能性がある。自民党候補は橋下に頭を下げておおさか維新に入るか、無所属で戦うかの選択を迫られる」

 実際、橋下ショックは大阪だけにはとどまらず、おおさか維新の圧勝を見て奈良の維新の党の県議や市議が新たに「なら維新の会」を設立し、おおさか維新の傘下に入るなど、その影響力は近畿ブロック全体に広がりつつある。

 近畿ブロックを地盤とする「おおさか維新」が安倍自民党と政党連合を組み、事実上、自民党系の地域政党になることはありえない話ではない。

 日本維新の党の江田憲司・前代表は、松井知事が「自民党と手を組んで政策を実現していく。われわれはもう政権交代を目指さない」と語ったことが維新分裂のきっかけになったと暴露しており、安倍自民とおおさか維新は憲法改正など基本政策が一致している。

 安倍首相にしても、同日選で自民党単独で憲法改正に必要な衆参の3分の2を獲得するのは容易ではないため、近畿・大阪で強力な地盤を持つおおさか維新と棲み分けた方が改憲議席の獲得には近道だろう。まさに同日選後を睨んだ「改憲政党連合」構想なのである。

※週刊ポスト2015年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
衆参同日選挙 安倍首相決断に大きな影響与えたのは大阪W選挙
維新地方議員「橋下さんは看板だが組織は松井幹事長が握る」
総選挙 票が取れなくても自民圧勝の反民主主義的な結果予想

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。