ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国経済改革機関No.2に習近平氏縁の人物抜擢 一本釣人事か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の経済改革を推進する最高決定機関である「中央全面深化改革領導小組(グループ)」の事務方ナンバー2の弁公室副主任に浙江省温州市トップの陳一新・同省党委常務委員兼同市党委書記が就任した。

 陳氏は浙江省勤務一筋だったが、北京の中央組織の幹部に昇進するのは極めて異例。浙江省は習近平国家主席が2002年から2007年までトップを務めていたこともあり、習氏の意向が強く働いた“一本釣り人事”とみられる。

 最近も中国共産党の外交組織トップに、やはり習氏が17年間も勤務した福建省出身の幹部が昇格しており、これも「習近平人事」であることは確実だ。

 陳氏は1959年生まれの56歳。1982年6月に入党して以来、ずっと浙江省内で勤務し、浙江省政府の副秘書長や金華市党委書記を経て、2013年6月から温州市トップなどを務めている。

 温州市は市場経済や私営企業の先駆けとなった都市で、1980年代には「中国の改革・開放路線の最先端モデル」と呼ばれることもあった。

 温州は古くから商業が発達した都市で、温州人は中国全土で150万人以上が商業に従事するなど、「温州商人」の名前は広く知られている。また、海外に移住している温州人も多く、台湾に約10万人の温州人が滞在し、日本にも日本温州総商会と日本温州同郷会が存在するなど、フランス、イタリア、米国など計38万人が世界に点在している。

 このため、習氏が浙江省で最高幹部を務めていたことと合わせて、陳氏が経済改革を担当する同グループの幹部に起用されたのではないかとの観測も出ている。

 中国国営の新華社電は11月下旬、王家瑞・党中央対外連絡部長(大臣に相当)が退任し、その後任に宋濤・元外務次官(60)が就任したと伝えているが、宋氏も習氏と福建省勤務だった時期が重なっている。

 宋氏は2001年ごろから外務省幹部として中央入りし、駐フィリピン大使などを歴任し、2011年に外務次官に昇格。2013年からは習氏が統括する外交政策の最高意思決定機関「中央外事工作指導小組」の弁公室副主任を務めてきた。

『習近平の正体』(小学館刊)などの著作があり、中国問題の専門家で、ジャーナリストの相馬勝氏は「習氏も2002年まで17年間にわたり福建省で勤務し、福建省長を務めた後、浙江省トップに転任していることもあって、今回の陳氏と宋氏の2人の人事には習主席の意向が強く働いたのは間違いない」と指摘している。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
習近平主席側近が貴州省書記に 習近平閥「之江派」形成進む
中国・習近平主席の側近中の側近 中央で極秘の要職に就任か
次期中国トップの習近平氏 生まれはエリートだが25年ドサ周り

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP