ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水木しげる氏 豪快な食生活で93歳の誕生日に巨大ケーキ食す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 多くの人々が漫画界の“妖怪”の死を悼んでいる。不世出の漫画家・水木しげる氏(享年93)は、描くキャラクターだけでなく、自身もまたユニークだった。かつて本誌のインタビューで「気ままで自分本位に生きる水木サンのルール」があることを明かしていたが、そのルールに多くの人々が翻弄された。漫画雑誌『ガロ』で『星をつかみそこねる男』などを担当したエッセイストの南伸坊氏は言う。

「先生に新人の作品を批評する審査員をお願いしたことがありました。先生の事務所に集まって、いざ始めようとすると、先生はスッと立ち上がって……。トイレにでも行ったのかなと思ったんですが、なかなか帰ってこない。それで事務所の方に聞いたら“散歩に出かけました”って。しかも“散歩に行くとしばらく帰ってこないですよ”と。諦めて、自分たちだけで審査をしたことがありました」

 健康維持にも独自のルールがあった。今年5月まで『ビッグコミック』で連載された『わたしの日々』(小学館)の担当編集者・西村直純氏が振り返る。

「先生は眠るとか、食べるとか、住むとか、人間の基本の部分を大事にされていました」

 これは幼少期からで、水木少年は絵を描くことはもちろん、虫、石、魚の死骸、新聞の題字の蒐集・整理・観察といった数多くの趣味を持っていたため、寝坊はしょっちゅう。しかも寝坊しているにもかかわらず、朝食はキチンと食べてから学校へ向かうため、いつも2時限目からの登校だったという。

 戦時中、軍隊に行ってからも、そのスタイルは変わらず、厳しい規律の中、水木氏だけは寝坊してビンタの嵐を浴びた。

〈眠りを軽蔑したり虐めたりするのはいかんです。(中略)寝ることは一番ですよ〉

 生前、水木氏は様々なメディアで「睡眠の重要性」を話している。

「私も“寝なくちゃダメです。徹夜はダメです”とよく注意されました」(西村氏)

 食生活は豪快だった。今年3月の93歳の誕生日に超巨大ケーキを美味しそうに頬張る姿や、『伝説のすた丼屋』のすた丼を食べる姿が水木プロダクションのサイトにアップされ、〈若者すぎる食事〉と話題を呼んだ。

「『カランコロン漂泊記』(2000年)出版後の打ち上げは、しゃぶしゃぶとすき焼きを両方楽しめるお店で行ないました。先生はしゃぶしゃぶのテーブルに座られて、かなりの量を召し上がっていたんですけど、帰りがけに“今日はすき焼きの方は我慢しておきました”とおっしゃられて。まだまだ食べ足りないといったご様子でした」(同前)

 一度気に入ると、しばらく同じ物を食べ続けた。

「調布駅前のパルコに『モランボン』という焼肉屋さんがあったんですけど、そこの冷麺をすごく気に入られて、一時期、毎日のように通っていた。それで先生が店に入って席に座ると、注文しなくとも冷麺が出てくるようになった。

 音楽も同じで、世界旅行で録音された民族音楽のテープを、一時期、ずっと聴かれていたそうです」(同前)

※週刊ポスト2015年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
来年90歳 「ゲゲゲ」の水木しげるが答える人生論が登場
小泉今日子・中井貴一がドラマでさぼった店のしゃぶしゃぶ
ランチ1200円で味わえる銀座の「台湾風一人しゃぶしゃぶ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。