ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

壁さえあればOK! ワンルームでもスペースをとらないクリスマスツリーの作りかた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリスマスといえば、代名詞がクリスマスツリー。だけどひとり暮らしだとなかなか、家に飾る場所がないのが悩みもの。しかもシーズンもののインテリアって季節ごとに収納したりと、片付けの手間がかかります
そこで今回は、場所もとらず身近なものでつくれる「ウォールツリー」のアイディアをご紹介します。自分の部屋のインテリアに、友達や彼とのクリスマスパーティに、場所を選ばず部屋にクリスマスツリーを飾って楽しみましょう。

オーナメントとライトの大人なクリスマスツリー

@christmas_princessnoelが投稿した写真 – 2015 11月 24 9:22午後 PST

壁に好みのオーナメントとライトを飾るだけのウォールツリー
オーナメントはテーマカラーは「グリーン・ゴールド」などと決めると、よりまとまりのある印象になります。マスキングテープを使って壁にツリーの枝や植木鉢を描くのも、普段と違った壁を演出できるのでおすすめです。

ウォールツリーは100円ショップの飾り棚で魅せる

Bethania Rodríguezさん(@memos_of_coarse)が投稿した写真 – 2014 11月 24 10:48午前 PST

家にあるクリスマスグッズを飾り棚に飾れば、魅せるウォールツリーの完成。
100円ショップで売っている飾り棚を活用して、フラワーポムやギフトボックスなど、好みのクリスマスグッズを飾れば、自分だけのウォールツリーになります

ラッピングペーパーを使ったお手軽ウォールツリー

すぐにでも作れそうな、ラッピングペーパーを使ったウォールツリー。捨てるのはもったいないと思った好みのラッピングペーパーを使って、お気に入りのウォールツリーをつくってみましょう。
例えばラッピングペーパーでツリーのベースを作って、その上に雑誌の切り抜きや写真などを飾り、コラージュのように楽しむのもおすすめ。さらにオーナメントやライトを飾れば、一気にクリスマスの雰囲気が高まるウォールツリーが完成します。

yuma nishimuraさん(@uma2461219)が投稿した写真 – 2015 11月 28 11:45午後 PST

ちなみに壁にオーナメントなどを貼る時は、太めのマスキングテープや、ポスター用貼ってはがせる粘着剤などがおすすめです。
ベッドサイドや玄関などひとり暮らしの部屋でも気軽に飾り付けられるのがウォールツリー。ウォールツリーには決まった形がないので、自分の部屋のテーマに合わせて、オリジナルに楽しめるのがポイントです。
例えば、クリスマス当日までオーナメントをひとつずつ足しながら、毎日違った表情をみるなんて楽しみ方も。
今年はウォールツリーを飾って、思わず写真を撮りたくなるような、自分だけのクリスマス空間を演出しましょう。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
・水原希子さんだってクリスマスは仕事。そのモチベーションのヒミツは?
・目に見えないものほど大切に【12月8日】クリスマス☆ラブアドベントカレンダー
・自分に恥じない行動をしたい日【12月7日】クリスマス☆ラブアドベントカレンダー

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP