ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旬なカーディガン選びで冬コーデを楽しむ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

便利アイテムなんだけど、おとなしすぎる印象におさまってしまいがちなカーディガン。どうすればパッとあか抜けした印象に着ることができるのでしょうか。
それは、選びかたやコーディネート次第。もしこれから買うなら、こんなタイプだとおしゃれ映えしそう!

ざっくり感で旬度アップ

A photo posted by uptownholic official (@uptownholic) on Nov 3, 2015 at 11:58pm PST

今年は少し懐かしい印象のローゲージのニットが人気の傾向にあります。厚手なので、ちょっとしたはおりとしても使えて便利さも◎。そんなに寒くない日なら、インに薄手のハイゲージのニットを着てニットオンニットの組み合わせもありです。
コートの下に着るときは、保温性のある薄手のあったかインナーをインに着れば、もこもこを回避することができます。

ほどよいボリュームを選ぶ

A photo posted by 中村 アン (@cocoannne) on Nov 23, 2015 at 11:08pm PST

前ボタンを全開にしてはおりとしても着こなすべく、シンプルなカラーとシルエットのものを選ぶのは、カーディガン選びの鉄則。さらにもう一つ重要なのは、サイズ感
あまりぴたっとしたシルエットだとはおりとして活用するときに中に何も着ることができない……なんてことになりがちなので、ちょっとオーバーめのサイズを選ぶといいでしょう。
ただし、ぶかっとした印象のものだと今度は上からはおるコートが限られてきてしまうので、体よりひとまわりくらい大きめのサイズ感のものを選んで。

カブリ率が少ないブラウン

A photo posted by Shiho Sasaki (@sasakishihomsy) on Nov 23, 2015 at 7:20pm PST

派手色よりもベーシックなカラーが着まわし度が高いということは間違いないですが、黒やグレー、ベージュだとどうしてもまわりとカブりがち。
そこでベーシックだけど意外とまわりとカブらないカラー、ブラウンに注目。大人っぽさも演出できて、どんなスタイリングにも合わせやすい。少しゆるっとした余裕のあるおしゃれ感を醸し出すのにぴったりなカラーです。
インにハイネックを合わせる着こなしも新鮮。カジュアルダウンさせたい場合はデニムなどと合わせるといいですよ。
1枚で着たりはおったりと、コーデ幅が多いカーデ。着まわしやすいのはもちろん、温度調節がしやすい重宝アイテムなので、1枚はお気に入りをクローゼットに持っておくことをおすすめします。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
・「嫉妬」と上手につきあっていく方法まとめ
・水原希子さんだってクリスマスは仕事。そのモチベーションのヒミツは?
・カサカサは嫌。乾燥に負けない肌は、毎日のスキンケアで作る

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP