体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これから旅に出る人必見!海外で働きながら旅をする方法とは?

キャリアを取るか、それを一度ストップさせて、大好きでたまらない長期の海外旅行に旅立つか?旅好きの人にとっては、そんな悩みをもっている人も多くいるのではないでしょうか?

けれども現在、ITの発達などによって、その両方を同時に手にできる仕事は増えています。たとえば、海外の結構な田舎町でも、カフェや宿泊施設などではWiFiが飛んでいるのが当たり前のネット環境だったり。

 

そこでここでは、働きながら旅行ができるノマディックな仕事をザックリと7つほどご紹介します。仕事のスキルアップの継続と長期の海外旅行を同時に叶えたい人は必見!

 

ライター

writer

photo by Eelke

ライターは、比較的参入障壁の低い職業だと思われます。ノマドでライターをする人の多くは、ウェブメディアと契約を交わして記事執筆していきます。

記事一本あたりの単価は、あらかじめ決まっているものから、アクセス数による歩合制となっているものまで、寄稿するメディアによってさまざま。

また、ここで紹介している職業のほとんどにいえることですが、例えば、「ランサーズ」のようなクラウドソーシングサービスを利用するのもありですね。

 

webデザイナー

webdesigner

photo by WOCinTech Chat

ITの進歩と機器類の高性能化という現代のメリットをフルに生かした職業といえば、webデザイナーです。

ノマドのワーキングスタイルは、フリーのwebデザイナーにはピッタリだといえるでしょう。

 

プログラマー

programmer

photo by Matthew Keefe

仕事で少しやっていたなど、簡単なプログラミングの知識があるなら、フリープログラマーがおすすめ。

依頼者によっては仕事で経験がなくても、簡単なゲームやアプリを作成した経験があるくらいで大丈夫な場合もあったりします。

そこから実践的にスキルを身につけていくことも可能でしょう。

 

フォトグラファー

photographer

photo by Salvatore Gerace

ウェブ上の画像販売サイトなどで、旅先で撮影した写真を販売して収入を得るという稼ぎかた。

購入された作品は、広告やウェブサイト、販促物などの使用されます。

やはり、綺麗だったり希少性が高い写真に価値がつくため、機材にはある程度こだわったほうが良いと思います。

 

大道芸人

streetperformance

photo by Norio NAKAYAMA

昔から旅芸人という人びとはいましたが、現在でもそれは不可能ではありません。

場所を選べば、ストリートパフォーマンスに理解のある人びとから多くの投げ銭をもらうことができるでしょう。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。