ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

関ジャニ∞ ビルボード週間セールスチャートで2位に5倍差の堂々首位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 12月14日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Top Singles Sales”にて、関ジャニ∞[エイト] の34thシングル『侍唄(さむらいソング)』が圧倒的なセールスを記録し、首位となった。

 同シングル表題曲は、錦戸亮主演ドラマ『サムライせんせい』の主題歌に起用されており、レキシ 池田貴史が楽曲を提供したことでも注目を集めているバラードソングだ。なんと、2位に5倍差以上の売上を叩き出し、堂々の首位となった。

 2位にチャートインしたSuperflyの20thシングル『黒い雫 & Coupling Songs:‘Side B’』は2枚組で、DISC2に過去リリースのシングルカップリング曲16曲入りという、シングルらしからぬ超ボリュームとなっている。3位には、安室奈美恵『Red Carpet』、4位に[Alexandros] 『Girl A』、5位にTRIGGER『SECRET NIGHT』と、様々なジャンルが入り乱れたトップ5となった。

◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”
(2015年12月14日付)
1位.関ジャニ∞[エイト] 『侍唄(さむらいソング)』
2位.Superfly『黒い雫 & Coupling Songs:‘Side B’』
3位.安室奈美恵『Red Carpet』
4位.[Alexandros] 『Girl A』
5位.TRIGGER『SECRET NIGHT』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】関ジャニ∞『侍唄(さむらいソング)』がトップ独走中
家入レオ×大原櫻子 新たなスターが生まれなかったシーン照らす“月と太陽”
カミヤサキ「1秒でも速く復帰したい」POP脱退懸けた100kmマラソン“モンスターアイドル”ぶり爆発 衝撃の22時間でゴール

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP