ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

星野源 ビルボードアルバムセールスチャートにて首位獲得 紅白出場組が上位を賑わす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 12月14日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”にて、星野源の4thアルバム『YELLOW DANCER』が首位を獲得した。

 今作は、約2年7か月ぶりのオリジナルアルバムとなっており、様々なチャートを賑わした大ヒットシングル曲「SUN」に加え、フジテレビ『めざましどようび』テーマソング「Week End」などが収録されている。先ヨミ記事(http://bit.ly/1IR7x8p)での勢いのまま独走し、楽々の1位獲得となった。

 以下のチャートでは、前作より順位を1つあげ、氷川きよしの『新・演歌名曲コレクション2-愛しのテキーロ/男花-』が2位に。3位には、内田真礼の1stアルバム『PENKI』がチャートインしている。4位は、4週連続トップ5入りとなった西野カナ『Secret Collection~GREEN~』、5位は、AKB48『0と1の間』という結果になった。

 なお、本チャートTOP5中4アーティストが『第66回NHK紅白歌合戦』への出場が決まっている。

◎Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”
(2015年12月14日付)
1位.星野源『YELLOW DANCER』
2位.氷川きよし『新・演歌名曲コレクション2-愛しのテキーロ/男花-』
3位.内田真礼『PENKI』
4位.西野カナ『Secret Collection~GREEN~』
5位.AKB48『0と1の間』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】星野源『YELLOW DANCER』が現在1位、どこまでセールスを伸ばせるか?!
家入レオ×大原櫻子 新たなスターが生まれなかったシーン照らす“月と太陽”
カミヤサキ「1秒でも速く復帰したい」POP脱退懸けた100kmマラソン“モンスターアイドル”ぶり爆発 衝撃の22時間でゴール

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP