ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初の“スマートXmasオーナメント” 思い出の写真やメッセージをディスプレイに飾ろう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすぐクリスマス。クリスマスツリーやオーナメントを飾って、当日を楽しみにしている人もいるだろう。

・世界初の“スマートクリスマスツリーオーナメント”

そんなクリスマスツリーの飾りにも、ITテクノロジーの技術を取り入れようというのが「Jolly」という世界初の“スマートクリスマスツリーオーナメント”だ。クリスマスという一大イベントを楽しい思い出にする手助けをしてくれる。

・ワンタップで好きな写真を表示

「Jolly」は一見すると星型のオーナメントだが、実はディスプレイになっていて、額縁のように写真を表示することができる。

やり方もいたって簡単。専用のiPhone、Androidアプリを立ち上げ、好きな写真を選んでワンタップするだけ。わずか数秒で「Jolly」のディスプレイに表示される。

家族や友人、恋人との思い出のワンシーンの写真を、大事なイベントの期間に合わせて“飾る”ことで、きっと気分も上がるはず。

・テキストメッセージを表示も

また、受信したテキストメッセージやemailのメッセージをディスプレイに表示することも可能だ。

祖父母から孫へ、あるいは遠方の家族や親戚、友人や恋人など、大切な人たちからのクリスマスのグリーティングメッセージを受け取り、額縁に飾るようにして見られるのもうれしい。

・Indiegogoで出資受け付け、追加機能も開発中

さらに追加機能として、“クリスマスまでのカウントダウン”“主人公がユーザーの名前のアニメーション表示”“聖書の一節表示”する機能を開発中とのこと。

現在、クラウドファンディングIndiegogoで出資を募集している「Jolly」。残念ながら今年のクリスマスには間に合わなそうだが、順調にいけば2016年10月頃から提供開始となる見込みだ。

Jolly

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP