ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

太陽光を使って2~3時間でスマホをフル充電!丸めて持ち歩け蓄電できるソーラーパネルが人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電子デバイスの充電に、クリーンエネルギーの太陽光を活用しようという試みが取り組まれているが、「HeLi-on」もその1つだ。

・ポケットサイズ、丸めて持ち歩けるソーラーチャージャー

ポケットに入れられるサイズで、とにかくコンパクトで携帯しやすいソーラーチャージャーである。

しかも、非常にフレキシブルなつくりになっていて、なんと丸めて持ち歩くことができる。

チャージャー本体は、11.3×3.6×2.8センチメートル、重さ105グラム。

ソーラーパネルと2600mAhのリチウムイオンバッテリー、電子装置で構成されており、太陽光から発電できるだけでなく、生み出した電力を保存しておくこともできる。

・薄さ2µm以下、超スリムな太陽電池

「HeLi-on」を開発したのは、光電池テクノロジーのスタートアップinfinityPV。

同社の技術を結集した特殊な太陽電池自体は、厚みがわずか2マイクロメートル以下しかなく、両側が保護箔でコーティングされている。ソーラーパネル全体としてみても、1ミリメートル以下という驚きの薄さだ。

・2、3時間でスマホの充電が完了

ソーラーパネルは太陽光から効率的に発電をおこない、電力はバッテリーの中に蓄電されていく。

晴れているときはチャージャーに直接スマートフォンをつなげば、2、3時間で充電が完了。太陽がないときは、バッテリーに溜めた電力をつかって、同じく2、3時間でスマートフォンの充電がおこなえるという。

USBに対応しているさまざまな電子デバイスの充電ができる。使い終わったら、チャージャー本体の底部のハンドルを回して、クルクルとソーラーパネルを巻き取って収納しておけるので便利。

・Kickstarterで出資受付中

パワフルな発電性能な上、コンパクトで持ち歩きしやすい「HeLi-on」は、現在クラウドファンディングKickstarterで2016年1月8日まで出資を募集中で、早くも目標金額を突破する人気ぶりだ。

HeLi-on

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP