ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

助産師さんっ!痛いヨーーー!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初産での出産での出来事でした。

出産予定日より3日遅れて、朝から前駆陣痛が始まり、1日陣痛がおさまらず、夜に間隔が短くなったので、病院へ連絡から入院となりました。

病院へ到着したのは夜の0時くらい…

陣痛の間隔もかなり短くなっており、先生に診てもらうと、子宮口もだいぶひらいてきてるから、もうすぐだよ!よかったねー!と言われ、安心して、部屋で赤ちゃんの心拍を測る検査をしながら待機していました。

痛みと興奮で私自身は眠たさを感じなかったのですが、助産師さんより、「だんだん陣痛の間隔があいてきてる。お母さんが眠たくて疲れてるから。出産に備えても寝て下さい!」と言われ、こんな痛みの中、寝れないよー…と思いつつも、陣痛の間、目を閉じてスースー…

けどだんだん陣痛の強さが強くなり、呼吸法を駆使しても、いきみたいーいきめないー!と苦しんでいました。もう限界!っと思い、ナースコールでプルルルル…と助産師さんを呼ぶと、子宮口全開!とのこと…すぐに分娩室へ移動しました。

分娩室に入ったのは5時くらい…それから助産師さんが何やらバタバタ準備をしたり、立会いの旦那が横に来て、水を飲ませてくれたりしました。

赤ちゃんの頭が見えてきて、あともうちょっと!っとのこと。私のいきむ力が弱かったのか、なかなか赤ちゃんが出てこれず…

私の眠気と疲労もあり、まただんだんと陣痛の間隔も短くなってきて…

また陣痛がきた!その時!

なんと助産師さんが私のお腹をぐーーーっと全体重をかけて押し始めたのです。

おまたも痛いけど、お腹もそんなに押したら痛いーーっ!

と、思いつつ…もう痛みで早く終わって欲しいと思い、必死にいきみました。

出産時間トータル8時間ほどでの出産で、安産となりましたが、助産師さんのあのお腹をぐいーっと…全体重をかけながら押されることが、衝撃的でビックリしました。

立会いでの出産だったので、あとから旦那にも、「おなか、すごい押されてたね…痛そうだったよね…」と、言われました。

著者:na73

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

私が行き着いたのは、なんと四つん這い! フリースタイルで見つける自分らしい出産
一体感
いきんだら赤ちゃんじゃなくておしっこが…!先生にかかってしまい、顔から火が出る思い

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP