ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

B’z 松本孝弘、浮世絵の展覧会イメージソングに新曲「Ups and Downs」書き下ろし 来年にツアーと新作リリースも決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月から一新された、TBS系テレビ「世界遺産」のメインテーマとエンディングテーマの2曲の書き下ろしに続き、2016年3月19日から東京・渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアムで開催となる浮世絵の展覧会「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」のイメージソングに、松本孝弘書き下ろしの新曲「Ups and Downs」が決定した。

浮世絵コレクションで知られるボストン美術館より、幕末に絶大な人気を博した2人の天才浮世絵師・歌川国芳と歌川国貞の選りすぐりの作品で、江戸の世界を体感できる本展に華を添える。

また、大阪城ホールと日本武道館を含むライブツアー「Tak Matsumoto Tour 2016 -The Voyage-」の開催も決定し、来春には新作アルバムもリリースする。ソロとしては2014年以来となるツアーとアルバムに期待しよう。

松本孝弘コメント
今回このお話を戴いたのはソロ最新作のレコーディングの最中、ほぼ楽曲も出揃った時でした。“古風な美術鑑賞と捉えられていた浮世絵を、Rockな視点も入れて斬新に見せたい”というオーダーを受けて、僕自身もとても興味を持ち、それならもう一曲書こうと思い最後の作品創りに臨みました。
国芳、国貞のワイルドで生々しくていやらしい、そして時におどろおどろしくも夢がある超Coolな作風にRock’n Rollを感じました。すると直ぐにInspirationがわいてきました。あっという間にこの曲が完成した次第です。
“浮世”とは本来無常の世。一切の物は生まれ滅びて変化して常住ではありません。
喜怒哀楽、浮く時もあれば沈む時もあります。
それもまた良しとして人生を楽しもうではありませんか。

「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」公式サイト
http://www.ntv.co.jp/kunikuni/

ツアー情報
ライブツアー「Tak Matsumoto Tour 2016 -The Voyage-」
4月16日(土)名古屋 ダイアモンドホール
4月19日(火)福岡 DRUM LOGOS
4月24日(日)大阪 大阪城ホール
4月27日(水)札幌 サッポロファクトリーホール
5月7日(土)東京日本武道館
詳細:http://houseofstrings.jp/tour/

関連リンク

松本孝弘Official Website「House Of Strings」http://houseofstrings.jp
B’z Official Websitehttp://bz-vermillion.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP