ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

X JAPANのドキュメンタリー映画『We Are X』、サンダンス映画祭で世界初公開決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

X JAPANのドキュメンタリー映画『We Are X』が、来年31回目を迎える米国サンダンス映画祭のワールドシネマドキュメンタリー部門受賞候補作品の一つとして上映され、世界初公開となる事が明らかとなった。

映画『We are X』は日本に旋風を巻き起こしたバンド・X JAPANが、30年間にわたり彼らが遂げた進化を取り上げたドキュメンタリー映画。日本のミュージシャンに焦点を当てた映画がワールドシネマドキュメンタリー部門で受賞を競うのはサンダンス史上初となる。プレミアは2016年1月23日午後2時30分(現地時間)に行われる。

映画の監督はスティーブン・キジャック(主な作品にローリングストーンズの Stones In Exile、スコット・ウォーカー -30 Century Man-、Backstreet Boys: Show ʻEm What Youʼre Made Of などがある)、プロデューサー・ジョン・パトセック率いる英国のドキュメンタリー映画製作会社 Passion Picturesが製作を担当。

ジョン・バトセックは、「YOSHIKI は卓越した才能を持った実に多才なアーティストです。彼自身の、そして彼が率いるバンドX JAPAN のストーリーは信じがたいほどに劇的で、その物語を世の中に伝える役目を任されたことは素晴らしい経験でした。また、このたび栄誉あるサンダンス映画祭が この作品を選んで世界初公開の場を提供して下さったことに心から感謝しています。」とコメントしている。

キジャック監督は33年のキャリアを持つこのバンドを1年以上に渡る⽉⽇をかけ追跡。X JAPANは歴代バンドメンバー2⼈が死亡、ヴォーカルが洗脳されたことが解散へとつながり、約10年間空⽩の時を過ごしたという苦悩に満ちた過去も⽣き抜いてきた。さらにこの作品はX JAPANの原動⼒であり、ドラマー、ソングライターとして、バンドの核⼼であるYOSHIKIという⼈物を内⾯に⾄るまで深く掘り下げている。

キジャック監督は「X JAPANというバンドの存在はYOSHIKIに初めて会う機会を得、このプロジェクトについて話し合う機会を持つまで全く知りませんでした。彼は、私の知らないところで並行的に存在していた音楽の別世界の扉を開いてくれただけでなく、安易には語れない想像を絶する連続ドラマのようなストーリーを見せてくれました。このバンドについて今まで知らなかった自分が信じられないという気持ちでした。私に今任されたミッションは、バンドを崇拝する世界中のX JAPANファンもまだ知らない真実を交えながら、如何に初めて自分がこのバンドに出会った時と同じ感動を、ビジュアルショックと共にまだ知らない人たちに伝えるかということです。このストーリーと、彼らが築いたレガシーを世に残す役目をいただけたことを、とても光栄に思います。」とコメントした。

関連リンク

X JAPAN オフィシャルサイトhttp://www.xjapanmusic.com
YOSHIKI CHANNELhttp://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial
YOSHIKI Twitterhttps://twitter.com/YoshikiOfficial

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP