ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

前野健太、エクササイズ系雑誌『Number Do』に自身初の短編小説掲載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月10日に発売するエクササイズ系の雑誌『Number Do』にて、前野健太の自身初の小説となる短編「いびきが月に届くまで」が掲載される。

掲載されるのは、各号異なる作者による“走る”短編が掲載されるオムニバス小説欄「READ and RUN!」。ランニングなどを中心に、自ら体を動かすことを楽しむ読者が多い『Number Do』の巻末を飾る欄となる。

2010年11月に立ち上げられた『Number Do』は、今冬で創刊5周年を迎えている。この短編小説欄「READ and RUN!」ではこれまで、古川日出男、小林エリカ、東山彰良、ラッセル・ホーバン(藤井光訳)、佐藤友哉、柴崎友香、桜井鈴茂、遠藤徹、恒川光太郎、岩松了、服部文祥ら各氏(敬称略)の作品が掲載されている。

関連リンク

前野健太ウェブサイトhttp://maenokenta.com/
Number Doウェブサイトhttp://number.bunshun.jp/subcategory/numberdo
Number Do ツイッター@NumberDo

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP