ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミラノ国際博覧会で躍動した、チームラボの作品「HARMONY」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Harmony_betamain1654125412874

先日閉幕した「ミラノ国際博覧会」で、チームラボが展示制作を担当した「HARMONY, Japan Pavilion, Expo Milano 2015」。この作品が「EXHIBITOR Magazine’s Expo 2015 Awards」において、もっとも印象に残る展示に送られる「BEST PRESENTATION賞」を受賞した模様です。

“日本の自然”を表現した
インタラクティブな映像空間!

Harmony_03

これは、日本の食の原風景である「水田」の一年間を表した作品。水田が高低差のある場所で、人と自然の共生により発達してきたことを表現するために、腰やひざ下などさまざまな高さで作った稲穂に見立てたスクリーンで空間を埋め尽くしています。

Harmony_02Harmony_main

映像は、鑑賞者の位置や振る舞いに合わせて変化。

Harmony_beta02Harmony_08Harmony_06

来場者は、まるで稲穂を分け入るかのように、インタラクティブな映像空間の中を歩き回りながら、一年を通した“日本の自然”を体感することに…。

ミラネーゼを魅了した神秘的な光景を、ぜひ、あなたもチェックしてみてください。

 Licensed material used with permission by teamLab

関連記事リンク(外部サイト)

【奇跡の法則】周波数を「432Hz」にすると、音の聞こえ方が違った!
総再生回数3億回のダンサーが、世界遺産「清水寺」で踊る!
じぶんが描いた、魚の絵が泳ぎ出す「お絵かき水族館」って知ってる?(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。