ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第58回グラミー賞の候補が発表 主要4部門のノミネートを紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

第58回グラミー賞の候補が発表され、テイラー・スウィフトが主要部門である年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲の候補に名を連ねた。

ラッパーのケンドリック・ラマーが最多の11部門でノミネートされ、スウィフトとザ・ウィークエンドが7部門で続いている。グラミー賞を主催する米レコーディング・アカデミーが12月7日(現地時間)に発表した。

下記に、第58回グラミー賞の主要4部門の候補を紹介する。

年間最優秀アルバム
『Sound&Color』アラバマ・シェイクス
『To Pimp a Butterfly』ケンドリック・ラマー
『Traveller」クリス・ステープルトン
『1989』テイラー・スウィフト
『Beauty Behind the Madness』ザ・ウィークエンド

年間最優秀レコード
『Really Love』ディアンジェロ・アンド・ザ・ヴァンガード
『Uptown Funk』マーク・ロンソンft. ブルーノ・マーズ
『Thinking Out Loud』エド・シーラン
『Blank Space』テイラー・スウィフト
『Can’t Feel My Face』ザ・ウィークエンド

年間最優秀楽曲
『Alright』(ケンドリック・ラマー)
『Blank Space』(テイラー・スウィフト)
『Girl Crush』(リトル・ビッグ・タウン)
『See You Again』(ウィズ・カリファft. チャーリー・プース)
『Thinking Out Loud』(エド・シーラン)

最優秀新人賞
コートニー・バーネット
ジェイムス・ベイ
サム・ハント
トリー・ケリー
メーガン・トレイナー

その他のノミネート一覧はコチラから:
Grammy Nominations: Full List For 58th Annual Awards

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP