ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

91才の料理研究家が教える 生卵と絡める「湯豆腐」レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 鍋はいわば日本の“ワンプレート”。肉も魚も野菜もいっぺんに味わえて、後片付けも手間なし。ひとり用の土鍋は、炊飯やスープなどにも使えて重宝します。そこで、91才の日本料理研究家で『きょうの料理』(NHK Eテレ)などで活躍中の鈴木登紀子さんが、とっておき湯豆腐レシピを紹介。卵を絡めてみたら、豆腐がまったり風味UP!

 * * *
 生卵に湯豆腐を絡めながらいただくのは、私の母のアイディアです。真ん中に筒みたいなのが付いた、湯豆腐用のお鍋がございますでしょ? 普通はおしょうゆを入れるだけなのですが、私が物心ついたときから、我が家では生卵が入っていました。

 たぶん、毎夜晩酌を欠かさなかった父が好きだったのね。母は育ち盛りの子供たちの栄養にもいいと、思いついたのではないかしら。

 卵が温まってトロンとしたとこへお豆腐をくぐらせてね、ほんのり甘くておいしいの。フツッときたらすぐ召し上がれ。くれぐれも煮すぎないことですよ。

【材料・1人分】
絹ごし豆腐半丁・だし昆布10cm角1枚・大根200g・生卵1個・しょうゆ1/3カップ

【作りかた】
【1】土鍋にだし昆布を入れて水適量を張り、1時間ほどおく。
【2】小さめの器にしょうゆを入れ、土鍋の中央に置く。食べやすく切った豆腐、細いせん切りにした大根を入れて火にかける。
【3】【2】の器に卵を落として少し崩し、豆腐、大根を絡めながらいただく。あれば、大根の葉を刻んだものを散らしても。

撮影■澤井秀夫

※女性セブン2015年12月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
筑前煮に肉豆腐… 酒の肴にもいい作り置き小鉢料理レシピ
89才料理研究家が教える卵と豆腐が調和した「空也蒸し」レシピ
絶品! 埼玉の「豆腐ラーメン」と三崎の「まぐろラーメン」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP