ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アルコールも治療薬も効果なし 新型ノロウイルスが流行兆し

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「新型ノロウイルスを最も警戒すべきなのは、抵抗力が弱いお年寄りと子供です。高齢者施設や幼稚園、保育園で感染が拡大すると重症者が増える。最悪の場合、死亡するケースも懸念されます」

 そう語るのは、川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長だ。岡部氏は国立感染症研究所の感染症情報センター長を務めた経験もある感染症研究のエキスパート。昨年、「新型ノロウイルス」を世界に先駆けて発見した人物でもある。

 ノロウイルスの恐ろしさは、その感染力の強さだ。患者の便や吐瀉物1gには数億個のウイルスが含まれる。そのうち10~100個程度が体内に入っただけでも、発病する恐れがある。

 しかも、ノロウイルスにはアルコール消毒はほとんど効果がない。予防のワクチンや有効な治療薬もない。乾燥にも強いので、空中を浮遊するホコリに付着して、口に入るだけでなく、目や鼻などの粘膜からも体内に侵入する。

 さらに厄介なのは、今冬に流行するのが、「新型ノロウイルス」であることだ。

「ノロウイルスというのは30種類以上の遺伝子タイプがあります。今まで流行していたのは『G2.4』というタイプでしたが、今年は新型の『G2.17』タイプが主流になりそうです。

 あるノロウイルスに感染すると体内には『抗体』ができるので、そのタイプには感染しにくくなる。ところが、新型には誰も抵抗力がないのでかかりやすい。

 さらに、新型は病院の診断キットでの検査では検出されにくい。つまり、嘔吐や下痢の症状があって、“ノロウイルスではない”と診断されても、実は感染していたというケースが増えるということです。

 すると、警戒感が薄まり、さらに感染は拡大します」(岡部氏)

 日本では2006~2007年の冬に新型タイプが大流行したことがある。その年の患者数は例年の2倍以上に膨れあがり、各地で集団感染が起きるなど、大きな被害が出た。

 今年も国立感染症研究所が新型の大流行について異例の注意喚起を発表した。11月中旬時点での流行のペースは昨年比で2割増。本格的なシーズンは12月なので、この先ますます「感染大爆発」が危惧される。

「新型タイプは従来と比べて、毒性が強いというわけではありません。ですが、感染者が増えれば、重症者も増える。予防に細心の注意を払ってください」(岡部氏)

 とにかく感染予防の基本は「手洗い」だ。アルコール消毒でもウイルスは死なないが、手に付着しているウイルスは石鹸を使って洗い流すことができる。

「ウイルスには『熱に弱い』という特性があります。食べ物は加熱すること。85℃以上で90秒以上が望ましい。この時期、特に子供や高齢者は牡蠣などの二枚貝を生で食べるのは避けてください。汚れた衣類や手洗いのタオルなどは、洗濯するだけではダメで、アイロンをかけましょう。そうすればウイルスを死滅させることができます」(岡部氏)

 また、感染者の症状が回復しても、ウイルスは1~2週間ほど体内にとどまるという「盲点」がある。

「“もう治った”と手洗いなどをサボると、空気中にウイルスを拡散させます。“自分は治ったからいい”と思わず、常に人にうつさない心がけが必要です」(岡部氏)

※女性セブン2015年12月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
下水処理の消毒でも死なないノロウイルス 特効薬がない
新型鳥インフルエンザH7N9とH5N1の違いとは
ノロウイルスの対処法 感染後は吐瀉物だけでなく便器も消毒

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。