ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毛布は掛け布団の上か下か 体の下派登場で論争は混迷極める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本では多くの人が毛布の上に布団を掛けて寝る。「何をいまさら、当たり前のことを」と思う人もいるかもしれない。ところが、その常識が覆りつつある。最近、「今までの毛布・布団の使い方は間違っている」という“新常識”が盛んに唱えられているのだ。掛ける順序が逆で、布団の上に毛布を掛ける、いわゆる「上毛布・下布団」のほうが暖かい、というのである。

 しかし、感覚的に「上毛布の方が暖かい」に納得いかない人もいるだろう。新説は本当なのか。睡眠環境プランナーの三橋美穂氏が説明する。

「かつて、日本の布団はほとんどが綿布団でした。綿布団は水分を多く含んでいるため暖まりにくく、毛布を下にするほうが暖かく感じます」

 つまり、従来の「下毛布」は長く綿布団を使ってきた日本人にとっては理に適っていたわけだ。幼い頃は綿布団を何枚も重ねて寝ていた、という人は多いはずだ。敷布団のように重くてしっかりしているので、かまくら状に空洞を作り、その中で寝た。そのため肩口が寒く、丹前をかけて塞ぐか、毛布にくるまるかして暖をとった。

「ところが、日本でも羽毛布団が流通するようになると、それまでの綿布団の常識と海外から入ってきた羽毛布団の常識がごちゃ混ぜになった。その結果このような論争が起こったのではないでしょうか」(同前)

 この「上」か「下」かは、素材にかなり左右される問題のようだ。オムロンヘルスケア「ねむりラボ課」の西口恵氏の話。

「素材によって推奨される順番は異なります。綿布団のほかにも、羊毛布団や合繊布団などは、従来どおり『下毛布』にしたほうが良いでしょう」

 布団だけでなく毛布も同様で、素材によって「上向き」「下向き」がある。

「カシミヤなど動物性のものなら肌に近いほうが良いといわれています。マイクロファイバーの毛布は保温性はありますが、蒸れる。布団の上からかけた方が快適です」(前出・三橋氏)

 欧米では圧倒的に「上毛布」派が多いという。一方、日本では元々「下毛布」派が多いことに別の背景を指摘する声もある。株式会社エムールが運営する「ねむりくらし研究所」の長江亮・研究員が語る。

「欧米では羽毛布団と体の間にシーツを挟み、一番上に毛布を掛ける。その背景には、“何を洗うか”という文化的な側面があると考えられます。シーツを洗う欧米人とは違い、日本人の7割は毛布を定期的に洗うというデータがあり、月1回程度洗濯するのが標準だといわれています。直接肌に触れる部分には定期的に洗える毛布を使い、あまり洗わない掛け布団は直接触れないようにしたかったのでは」

 しかも最近、「上には羽毛布団だけを掛けて、毛布は体の下に敷くのが一番温かい」という、「体の下に毛布派」が出てきたことにより、いよいよこの論争は混迷を極めてきた。

 どの説を採用するにせよ、個人に合った、寝心地の良いものが一番なのはいうまでもない。

※週刊ポスト2015年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ぎんさん90才五女 ベッドではなく布団で寝て足腰鍛える
団地妻相手の悪徳羽毛布団商法 業者は裁判起こさないと思え
大田区乳児遺棄 大家が証言する容疑者男の引きこもり生活

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP